Paidy決済が払えないとどうなる!?滞納を続けた私の妹の末路

「paidyの支払期限が迫っているけど手持ちがない…」
「請求書が来ないけどどうやって支払うの?」

Paidyの支払いを放置している方はとても危険です!

そのまま放置し続けると今後の後払いサービスは利用できなくなります。

たかが支払いを放置した程度で…と思うかもしれませんが、私の妹も放置してしまったせいで後払いが利用できなくなりとても不便な思いをしています。

また、滞納を続けると給料の差し押さえに発展し、会社に連絡がいく場合もあります。

このような事態になる前に急いで支払いを済ませてしまいましょう。

すぐに支払えない方のために実際に私の妹がおこなった対処法をご紹介します。
※お急ぎの方におすすめの対処法はコチラ

早く支払わなきゃ…と考えている方のために、今すぐに現金を用意する方法をご紹介します。

NO. 対処法 お手軽度
1 今すぐ物を売ってお金をつくる ★★☆☆☆
2 親や友人からお金を借りる ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめはアコムのカードローンです。

1万円からの少額でも借入れができ、初めての利用なら最大30日間金利0円です!

アコムのカードローンは利用者数がトップレベルで大手キャッシング会社のため安心感も抜群です。

【カードローンってちょっと不安…】

  • 全国で1,800万人以上と実は日本人の7人に1人が利用している
  • 借りただけで信用情報に傷がついたりしない
  • 悪質な取り立てをされたりもしない

ペイディーの請求から弁護士に委託されるまでの流れと体験談

実は、私の妹がPaidy支払いを約5か月滞納した経験があります…。

請求が来てから、督促を経て弁護士に委託されるまでの流れや、滞納のデメリットをまとめました。

滞納を続けた私の妹の体験談を元に、

Paidy支払いを払えないでいるとどんな末路が待っているのかを全てお話していきます。

まずは、ネットショップで買い物をして、ペイディーから請求が届いた後払えずにいるとどういう対応をとられるのか一連の流れをご紹介します。

実際にペイディーから届いた督促メッセージの画像を載せているので、リアルな体験を参考にしてみてください。

①請求書発行

Paidyを利用した月の請求は、まとめて翌月の1日に請求確定します。

paidy払えない7

確定した金額は自分のアカウントページである“My Paidy”に反映され、1日から3日の間にメールとSMSで通知されます。

【支払い方法は以下の通り】

  • コンビニのロッピーやファミポートを利用する
  • 口座振替
  • 銀行振り込み

支払い期限は10日定められており、口座振替の場合は12日の引き落としになります。

基本的にハガキなど手紙での請求書ではなく、メールで送られてきた支払い番号を利用して支払いをするという流れ。

請求書でないとついつい放置してしまいがちですが、しっかりとメールを確認・支払いをしないと、後々後悔することになりますよ!

②督促のメールが届く

本来の支払期日を1日過ぎると、メールとSMSから督促が届きます。

paidy払えない2

督促メールには都度支払い期日が設定されていて、その日までに支払わないと翌日再び督促メールが送られてくるようになっていました。

画像の請求メールで例えると…

【(例)5月 商品購入の場合】

  • 6月10日 本来の支払い期限
  • 6月11日 1回目督促メール
  • 6月14日 督促支払い期限
  • 6月15日 2回目督促メール
  • 6月22日 督促支払い期限
  • 6月23日 3回目督促メール
  • 6月29日 督促支払い期限

上記のような流れになっていて、支払わない限りメールでの督促は続きます。

この段階で滞納している代金を支払う事が最も重要です。

※これ以上滞納を続けてしまった場合、この記事の冒頭でお話したように、信用情報に事故記録がついてしまい、数年間はクレジットカードなどが一切作れなくなってしまいますよ!

どうしても手元に支払うお金がない・・・

というのであれば、即日融資が可能なカードローンを利用して支払ってしまう事をおすすめします。

③弁護士から請求が来る

5月利用分が6月に請求されてから、2か月間滞納すると請求を弁護士に委託されます。

paidy払えない3

こちらの画像から、6月請求分の督促が8月25日を最後に、支払いをした10月25日までペイディーからメールが届いていないことがわかるかと思います。

※途中で届いているメールの「今月のご利用内容のお知らせ」は、利用してもしていなくても毎月3日に届きます。

ちなみに私の妹は5月に商品を購入してからPaidy決済は利用しておりません。

9月になると、弁護士から手紙で請求されるようになります。

手紙が来てからもすぐに支払いが出来ずにいると、弁護士事務所から電話連絡がきたみたいです。

内容は、約1週間後までに支払いを済ませて欲しいというもの。

私はどうしてもお金を工面できず、10月10日のお給料日まで支払いを待って欲しいということを伝えたところ、必ず支払う約束で了承してもらうことが出来ました。

このときの支払いは、弁護士の口座へ直接振り込んでくださいとのこと。

支払いを済ませてから約15日後に、再びPaidyから“支払い完了”のメールが届きます。

この間日付が開いているのは、弁護士事務所が振り込みを確認してからペイディー側が処理するまでに時間がかかっているからです。

ペイディーを払えないと起こる4つの危険なこと

請求が来てからでも、最終的に払えば大丈夫でしょ?

というのはかなり甘い考えでした。

支払いを滞納すると、こんな危険があるんです!

①延滞料金がかかる

本来の請求期限を過ぎると督促メールが来ますが、それでも払わずにいると請求メールが届くたびに延滞手数料がかかります。

延滞手数料と聞くと1か月で数十円から200円くらいのイメージでしたが、1週間ごとの督促のたびに100円が加算されていくのです。

延滞手数料がかかる流れ

【(例)5月 商品購入の場合】

  • 6月10日 本来の支払い期限
  • 6月11日 1回目督促メール
  • 6月14日 督促支払い期限
  • 6月15日 2回目督促メール(手数料100円が加算)
  • 6月22日 督促支払い期限
  • 6月23日 3回目督促メール(再び手数料100円が加算)
  • 6月29日 督促支払い期限

paidy払えない4

私の妹の場合、8月25日の最後の督促メールまでの間に9回も延滞手数料が加算されていることになります。

これだけで約1000円も余分に払わなければならないんですよね

さらに、弁護士に委託されてからは別の手数料が加算され、銀行振込のため振り込み手数料も加算されてしまいます。

これだけで通販代金とは別に2000円も多く払う計算に…。

②利用上限額に影響が出る

ペイディーの利用上限は利用者によって異なっていて、“My Paidy”という自分のアカウントページから確認することが出来ます。
これはペイディーの利用頻度や支払い、与信情報を元に定められているのですが、滞納があった場合利用限度額が減ってしまいます。

③CICなど個人信用情報機関に登録されブラック扱いになる

この点が一番痛い・・・。払えない事の代償がメチャクチャ大きいんです・・・。

まず支払いの滞納が酷い場合、もうPaidy支払いを利用することは出来ません。

支払ってからどんなに年月が経とうと、悪質な滞納者の情報は記録されているので、利用上限は0円のまま変わらないのです。

もちろん、妹もPaidy支払いを使用することが出来なくなっていました。

約1年ぶりにペイディーを利用して、SHOPLISTでネットショッピングをしようとしたところ…

paidy払えない5

「今回の決済は承認されませんでした」の文字が…。

paidy払えない6

MyPaidyから利用料金を確認してみると、利用残高は0円になっていました。

やはり、弁護士に委託するまで滞納を続けた私は完全に“悪質利用者”ということになりますね

便利な後払いでしたが、今後は代金引換でないと商品を購入出来ないのです。

さらに、

それだけではありません。

信用情報機関であるCICなどにも滞納の記録は残ります。

長期延滞の場合は最低2年以上、延滞した記録が信用情報機関に登録されるので、

「クレジットカードが作れない」「家や車のローンが組めない」など大きな代償があります・・・。

もちろん私の妹もこの一件でブラックリストの仲間入りをしました・・・。

ペイディーの支払いを滞納して一番痛かった点がココ・・・と言ってます・・・。

そうなる前にカードローンなどを利用してでも支払う事をおすすめします。

④裁判や差し押さえになる?

弁護士に請求を委託された時点で、「〇月〇日までに支払いが確認できなければ法的措置を取ります」といった内容の手紙が届きます。

それでも支払いに応じない場合は、“少額訴訟”を起こされて本当に差し押さえになってしまう可能性がありますよ!

私の妹の場合、弁護士から連絡がきたときに支払いの相談をしたところ、数日であれば支払い日を延期することが出来ました。

手紙や電話連絡が来たら無視せず、差し押さえになる前に支払う意思表示と支払いの目途を話しておきましょう。

しかし、「延滞料金を払いたくない」「今後利用できなくなることは避けたい」という方は本来の請求日にきちんと支払うことが重要です。

ペイディーの支払いができない時の解決策

ここまで「ペイディーの支払いができないとどうなるのか」などについてお話してきましたが、

お金がなくてどうしてもペイディーの支払いができない場合にどうすればいいのか?について解決策をまとめましたのでご覧ください。

①カードローンで今すぐ現金を用意する

弁護士から連絡がきたけれど全く支払いの目途が立たない…と頭を抱えてしまうなら、

精神的負担を考えるとカードローンで支払ってしまうのが一番手っ取り早いです。

最短即日に借りれて「30日間の無利息期間がある」カードローンがおすすめです!

解決策のひとつとして、参考にしてみてください。

②物を売ってお金を作る

自分では、こんな物価値がないだろうな・・・と思う物でも高額で売れる場合があります。

着物や骨董品などは数十万以上になる場合があるので、身の回りに売れる物はないか?確認してみてください。

ネットで各分野の専門買取業者に依頼すれば、スピーディーに査定~売却までできます。

下記記事を参考にしてみてください。

この記事のまとめ

再三お話していますが、ペイディーの支払いを滞納すると、

信用情報に傷が付きますし、最悪差押えにもなります。

この問題は放置すればするほど最悪の状況に繋がりますので、早急に解決する事が望ましいです。

私の妹が悪い例なので、当記事のご覧いただいた方は同じような失敗をしないでくださいね!!

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【2位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!


カードレスでセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
【3位】MR.カードローン
Mr.カードローン住信SBIネット銀行は金利が0.99%~14.79%と銀行ならではの金利!毎月の返済は2,000円からでもOK!

最短60分で仮審査完了!ネットで24時間申し込めるから夜中でもOK!

他のカードローンと比べて、持っていてもバレにくいカードのデザインで安心して使える!

MR.カードローンなら必要書類もWEBで提出ができるから誰にもバレない!
金利(実質年率) 0.99%~14.79%
即日融資 ×
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。