生活費が足りない!一時的な対処法と根本的な解決策を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生活費足りない

生活費が足りない、また、急な出費が嵩んでしまったために生活費に充てることができないなどその時々に限ってどのように生活を送ればよいか分からなくなることがあります。

ここでは、生活費が足りない時にどのような対処法や解決策を講じれば良いかについて解説します。
※お急ぎの方はコチラ

生活費が足りない時にできる一時的な金策

生活費が足りないそれでも、給料日まであと数日どうにかその間の生活をしなければなりません。

その為にどのように生活費を準備すればよいか一時的な金策があるのかについて考えてみます。

カードローン

急な出費などがあった時に、最も手っ取り早くお金を捻出する方法がカードローンを利用する事です。

消費者金融系のカードローンであれば最短で即日融資が可能な場合もあるのでお急ぎの方にオススメです。

しかし、借入れしている期間には利息がかかります。

この点を理解し、事前に返済計画をしっかりと立てておかないと、後々返済に行き詰ってしまう事になるので注意してください。

クレジットカード

現在買い物にクレジットカードが使えないところの方が少ない社会になっています。

給料日までお金が足りない・・・。そういった時は食料品やガソリン代などをクレジットカードで支払ってやり過ごすという手もあります。

ただこちらに関しても先程のカードローンと同様で、使い過ぎてしまうと引き落としの時にお金が足りない・・・という事になってしまいます。

あまりオススメしませんが、そういった場合は後からリボ払いに変更できるクレジットカード会社も多いので、リボ払いの手続きをしましょう。

毎月一定の支払いになるので、月ごとの負担は軽減されます。

日払いのアルバイト

もしも、本業の合間にアルバイトを掛け持ちできるという状態の場合は、単発で稼ぐことのできるアルバイトを探してみるもの方法です。

例えば、日給が8,000円といったような比較的高額の日払いのアルバイトは多く、求人情報の中に見かけます。

また、最近では、派遣によるオフィスワークでさえも日払い対応としてくれる会社もあるためすぐに現金を稼ぐ必要がある方にとってはもってこいのアルバイトだと言えます。

そして、スマホアプリの仕事情報サイトなどに登録することであなたの希望する条件にぴったりの日払いアルバイトを自動検索し紹介してくれるサービスもあります。

しかし、日払いのアルバイトは、比較的肉体労働系が多い傾向にあるためあなたの希望条件に合う仕事を探し出せるかどうかは分かりませんが、それなりに努力しながらしっかりと稼ぐことができる日払いのアルバイトはおすすめです。

不要な物を売る

これまで貯金もなく、例えば、まだ子供が小さく預け先に困っていることから外に働きに行くことが困難であるという方は、生活の状況により家の中にある物を売ってお金に換えるという方法があります。

実際には、ネットオークションやリサイクルショップなどで売ってしまうことが最も手軽であり、とても簡単な方法として知られています。

よく売られている物は、洋服や漫画、ゲームソフト、貴金属、時計やブランドバッグなどが多いのではないでしょうか。日常的に日頃から整理整頓をしていると売るものもないという場合もあります。

しかし、普段から使わないものを持ったままとなっているという方も少なくありません。

そのような方は、家の中を綺麗に整理し、使用しないもの、また、もう使用しなくなったものなどそして、売れそうなものがあるのであれば、それらをネットオークションやリサイクルショップなどに売ってしまいましょう。

ネットオークションは、意外と高額取引されることもあるため家の中の売れそうなものは片端から販売してみると良いでしょう。

特にリサイクルショップへ持参する等の時間も取れない場合は、ネットオークションに出品して取引してみることをおすすめします。

生活福祉資金貸付制度

どうしても生活が困難となってしまった場合は、生活福祉資金貸付制度を利用するという方法もあります。

ただし、この方法には、この制度を受けるための条件があります。

その他、デメリットも存在すると言われているのでそれらの条件やデメリットなどについて解説します。

生活福祉資金貸付制度には種類がある

1.総合支援金

総合支援金は、失業によって日々の生活が困窮している方に対し、生活費を貸し付けることができる制度です。これは、保証人を立てることによって無利子でお金を借りることができます。

もしも、保証人がいない場合は、金利1.5%で借りることもできます。

単身者が生活の支援を受ける場合は、毎月15万円以内までを最高12ヵ月間借りることができます。

また、住宅費用については、住居が定まっていない場合、総合支援資金と同時に失業保険及び年金等の受給を併用することは不可です。

2.福祉資金

福祉資金は、高齢者あるいは障害者のいる家庭に貸付を行ってもらえる制度です。

例えば、毎日の生活費や住宅に係る補修費、補助器具を購入する、介護サービスを受けるための費用であるなどこれについても保証人がいる場合は利息なし、保証人がいない場合は1.5%の金利でお金を借りることができます。

実質の貸付限度額は、580万円であると言われています。

3.教育支援資金

教育支援資金は、就学希望者の世帯が低所得であるため子供が学業を続けるために必要な費用を貸し付けしてもらえる制度です。

この制度には、教育支援費と就学支援費があり、両方の資金を借りることも可能です。

【教育支援費】

就学する際必要となる授業料及び定期代、また、施設費

【就学支援費】

入学金や必要となる教科書、学校の制服代

学校の入学金や学費が必要な場合は、納付期限後に申請することができません。

また、修業年限を超えた貸付は不可能となります。

つまり、教育支援資金を受ける場合は、できるだけ早く申請を行い進学先の学校が決まる前でも、進学の意思があるだけで申請することが可能であることから早めに申請を行うようにしましょう。

4.不動産担保型生活資金

不動産担保生活資金は、日々の生活費に困っている場合に不動産所有の高齢者世帯に対して不動産を担保として毎月決まった一定額の資金の貸付を行う制度です。

この制度については、地域によりその貸付額が異なるため地域の自治体に確認するようにしてください。貸付利率については、年3%又は銀行長期最優遇貸出金利のうちいずれか低い方が適用されることになります。

これは、高齢者が死亡した時、又は、融資期間満了時において不動産を処分して返済を行います。

不動産担保型生活資金を借りる場合は、その不動産に対し賃借権等の利用権や抵当権など担保権の設定がないことが条件となります。

また、土地の評価額が基準を上回っている必要があるなど審査基準をクリアする必要があります。

〇生活福祉資金貸付制度を受けることができる人とは

1 低所得世帯・収入が社会福祉協議会で定める収入以下であること

  • 金融機関から借り入れをすることができない方
  • 資金を借りることにより自立した生活を送ることができる方

2 障害者世帯

身体障害者手帳や療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳などの交付を受けており、同居する障害者世帯は、この生活福祉資金貸付制度を利用することができます。

3 高齢者世帯

65歳以上の高齢者が同居する世帯は、生活福祉資金貸付制度を受けることができます。

×生活福祉資金貸付制度を受けることができない方とは

1 住所がない方

生活福祉資金貸付制度は、住所のある方を対象としています。

住まいがない場合は、貸付制度を利用することができません。

2 失業保険などの他の公的支援を受けている方

失業保険等、公的支援を受けている場合は、そちらと併用した申請ができません。

すでに他の資金援助を受けているという方も申請をすることができない可能性の方が高いと言えます。

3 債務を抱えている方

生活福祉資金貸付制度は、お金を借りる為の制度であるので他の債務を抱えているという場合は、返済能力がないとみなされることからこの制度を利用することができません。

これら今すぐできる金策は「根本的な解決策にはならない」

これまでの金策は、やはり根本的な解決策とはならず、さらに金策を検討しなければなりません。
実際のところ、私たちが生活を送る中で一番の出費となるのが住居費ではないでしょうか。

例えば賃貸住宅に住んでいる場合は、家賃の支払いがあります。家賃が高い家に住んでいる場合は、それが一番の出費の原因という扱いになるため引っ越しを検討するのもひとつです。

UR賃貸住宅などは、敷金や礼金、手数料が不要であることから今住んでいる家の家賃よりも安くなるのであれば引っ越しを考える方が良いでしょう

また、医療費が大きな負担となっている場合は、無料定額診療を行ってくれる病院があるためその時の経済状況に応じ、病院の相談窓口に相談してみると良いでしょう。

医療生協が運営する病院については、個室料などが不要となるためそのような病院を受診すると経済的に救済されることが多いと言われています。

生活費が足りない時の根本的な解決策

日常生活を送る中で慢性的に生活費が足りないという場合は、改めて生活費の内訳について見直す必要があると言えます。

ここでは、どのような対処法を行うべきかについて解説します。

支出を下げる

支出を見直し減らすこと

一般的に現在の収入をすぐに増やすということは、通常誰もが難しいものです。

その為、今までにかかっている生活費を改めて見直す必要があります。

実際に、どんなことにどれほどのお金がかかっているかについては、各家庭それぞれ異なるのでどの点において無駄が生じているかを判断するのは難しいです。

しかし、まずは固定費としてかかってくる費用についての見直しから始めると良いでしょう。

ここで言う固定費とは、毎月変動することなく必ず決まって支払いを行わなければならない費用のことを指します。

例えば、居住する住宅、自動車、保険、携帯等の通信費などです。

これらを改めて見直すことで年間にして数十万円と言われる費用の節約につながると言われているのです。

【住宅】

自身の持ち家である場合は、住宅ローンを低金利のものに借り換えを行う

【自動車】

ネット型の通信保険へ加入することで保険代の節約につながります。

【医療保険や生命保険】

年齢に応じた内容となっているか、また、ネット保険等の保険に切り替えると保険料の大幅削減となります。

【通信費】

携帯電話の料金プランの見直し、固定電話の解約、新聞をとらないなど。

家計簿を活用する

毎日家計簿をつけているという方は、多いと思います。

それ自体は、生活費を上手にやりくりするためには必須です。

自分がどんなことにお金を使用しているか、無駄な出費はどれほどあるかを知ることにより日頃から節約するという意識を持てるようになります。

その為、家計簿を有効に活用することをおすすめします。

例えば、最近では家計簿の無料アプリなどがあり、レシートの写真を撮ると自動的に記録してくれるような優れたアプリを活用してみましょう。

もちろん、ノートに直接書くタイプの家計簿もあります。

自分自身が使い勝手の良いタイプを使用して家計簿をつけるようにしましょう。

契約の見直しを行う

保険や携帯電話、会員サービスなどといったあまり内容を理解せずに契約してしまっているようなものがあれば一度それらをすべて見直す必要があります。

あまり理解しておらず無駄になっている場合もあり、これらを上手に契約し直すことで大幅に支出を削減することができるかもしれません。

全体的な生活費を見直す

1週間に数回スーパーへ行き、そのスーパーでどのような食材を購入するか、また、複数あるスーパーの中でも特売情報など安いものを上手に購入するなど細かい点で見直す必要があります。

また、使わない部屋の電気は消す、水を出しっぱなしにしないなど公共料金について妥当な金額におさまっているかどうかなどきちんと確認しておくことが大切です。

最近ではコストパフォーマンスに優れている電力会社もあることからそのような安い会社に乗り換えてみるのも良いのではないでしょうか。

収入を上げる

支出を抑える方法を実践しながらも今度は、収入を増やして必要となる生活費を工面できる方法をご紹介します。

公的制度の利用

生活が苦しい理由によって公的制度を利用することができる場合があります。

例えば、家を購入したために生活が苦しくなった場合は住まい給付金が、また、仕事を解雇されたことにより失業してしまった場合は失業給付金が、そして、病気等の理由で会社から給料の支払いがなされない場合は傷病手当金といった様々な制度があります。

もしも生活費が苦しいと感じた場合は、このような制度を利用する方法を探してみると良いでしょう。

その際、申し込み条件などについては、自治体に確認するようにしてください。

副業を行う

最近では、スキマ時間を利用して副業を行う方が非常に多くなっています。

クラウドソーシングや株、FX、ポイントサイトなどがそれに該当します。

クラウドソーシングは、自分に合った仕事を探している方にとってとても手軽に仕事を始めることができるサイトとなります。

例えば、ライターやデザイン、アイデアな、個々に技術を問われる仕事など様々な種類のものが紹介されています。

一番手軽なものとしては、アンケートといった仕事もあるため何らかのスキルを持っていなくても誰でも簡単に行うことができます。

クラウドソーシングは、自分の生活スタイルに合わせて無理なく行うことができる仕事としてや今の仕事にプラスアルファとして稼ぐことができます。

株やFX

株やFXなどは、一度に大きなお金を稼ぐという考えとしては良い方法であるかもしれません。

しかし、大きな変動があるため一攫千金狙いなところもあるので多少のリスクを考慮しておかなければなりません。

ハイリスク・ハイリターンを覚悟して行うべき投資だと言えます。

ポイントサイト

ポイントサイトは、別名お小遣いサイトとも呼ばれています。

これは、自分の実績に応じてポイントを稼ぎ、貯まったポイントを現金化するシステムです。

特に有名なところは、モッピーやげん玉といった大きなサイトを利用するのが安心です。

稀に悪質なサイトもあると言われているので始める際は、大手のところを利用することをおすすめします。

ポイントは、特定の商品を購入すること、また、単にクリックをするだけのもの、宣伝動画を閲覧することに応じてポイントをもらうことができます。

しかし、ポイントじたいが高額ではないことから地道に貯めていかなければなりません。

その為、貯まるまでにはかなり時間がかかることの方が多いことからすぐに現金化できる仕事とは異なります。

夫に生活費の値上げ交渉をするのも手

毎日の生活費に必要な家計簿をしっかりと付け、それを夫に見せ、収入と支出の内訳やバランスについて相談してみましょう。

給与明細と家計簿を見比べ、どれくらいの生活費が必要か、また、無駄な点はないか、そして、実際に貯金はいくらできているかなどについて二人で話し合い、生活費の値上げを交渉してみるのも良いでしょう。

最後は生活保護制度がある

生活費が足りない為に日々の生活に本当に困ってしまった場合で自身が仕事をできる健康状態ではない、また、肉親に頼れる人がいないといったような緊迫した経済事情となってしまった方は、これ以上どうして良いか分からなくなってしまいます。

そのような時は、生活福祉資金貸付制度や生活保護などの公的制度の利用を検討しましょう。

生活福祉資金貸付制度は、低所得者、高齢者、障碍者といった方々の生活を支えてくれる制度です。

生活を再建させるための費用や住宅費用、教育費などを無利子又は1.5%という低金利にて借りることができるのでこれらの制度は、自発的に申請していくべきだと言えます。

しかし、例え公的資金であっても、それは借りているだけであり借金と同様です。

もちろん、借りた場合は、返済することも考えておかなければなりません。

もしも近くに誰も助けてくれる人がいない場合は、精神的にも辛くなることがあるのでこのような制度を利用して根本的な解決を目指すようにしましょう。

とにかく、じっとしていても悩みは解決しません。

何らかの行動を起こし、今の困難な生活から脱出できる方法を考えましょう。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加