携帯代が払えないから解約したい!解約時の注意点を確認しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
携帯代払えない解約
 

  • 「仕事を辞めてしまい収入がなく携帯代を払えないから解約したい・・・」
  • 「月々の携帯代を安くする為に今のキャリアを解約して他社に乗り換えをしたい・・・」

携帯電話の契約を解約する理由は様々だと思います。

ただ、携帯電話を解約する時はちょっとした注意が必要なのでこのページに書いてある事を参考にしてみてください。

携帯電話を解約する前に確認

携帯電話を解約する前にまずは以下の2点をご確認ください。

未払い金はないか?

携帯電話の解約を申し出る時点で未払い料金はありませんか?

基本的には、どこのキャリアも未払い金を全て支払った後に解約となっています。

利用料金の滞納をしている場合は、まず支払いを全て済ませておきましょう。

携帯端末を分割購入された場合、キャリアが変わっても解約後でも引き続き継続して分割払いでOKです!

解約金(違約金)について

現在ご利用されている料金プランによっては「解約金」が発生する場合があります。

携帯会社に言われるがまま料金プランなどを選んだ人はこの点に疎いと思いますが、大方の人は1~2年契約する事で基本使用料などが安くなるプランを選択していると思います。

 

  • 月々の料金が安くなる代わりに1~2年はうちの携帯を利用してくださいね~
  • もし途中で気が変わって解約するなら解約料払ってくださいね~

というのが各社で主流になっているプランです。

この場合、解約金を支払わないと契約を解除できません。

更新月(大体1年又は2年に1回)であれば解約金はかかりませんが、解約申請できる期間は1ヵ月~2ヵ月なので事前に調べておかないと、自動でまた1~2年契約が更新されてしまうので注意が必要です。※キャリアによっては3年目移行は解約金がかからない!といったプランもあります

自身で支払わなければならない解約金は、各キャリアの公式サイトで確認できますのでご確認ください。

【各キャリア公式サイトはこちら】

携帯電話を解約する2つの方法

携帯電話を解約する時は2つ方法があります。

それが「通常解約」と「MNP移転」です。

それぞれについて簡単に説明させていただきます。

通常解約

通常解約は言葉の通り、「携帯電話を解約する前に確認」の項目で述べた未払い金の有無・解約金を確認後、携帯会社に解約申請をおこなう解約方法です。

通常解約後は、それまで使っていた携帯電話での通話やメール機能などは使えなくなります。

MNP(ナンバーポータビリティ)移転

MNP移転(ナンバーポータビリティ)とは、現在利用している携帯会社は解約するけど、今まで使っていた端末や携帯電話の番号などをそのままに他社に乗り換えるといった方法です。

私は過去に携帯代の支払いに困る度に解約をしていたので、携帯電話の番号がコロコロ変わりました・・・

その都度、「番号変わりました。登録お願いします」という連絡を友人や職場の同僚にメールしていたのですが、今考えるとメチャクチャめんどくさい奴ですよね 汗。。。

なので、携帯代を安くする為に、今使っている携帯会社を解約して他社と新たな契約を結ぶならこの、MNP(ナンバーポータビリティ)移転がおすすめです!

ただコチラも滞納金などがあると利用できないのでその点に注意を!!

解約金を払えない場合の対処法

解約したいけど解約金が払えない・・・という場合にできる対処法についてです!

①更新月まで待つ

「携帯電話を解約する前に確認」という項目でもお話しましたが、更新月の期間内に解約手続きをしないと解約金が発生してしまいます。

更新月の期間は短いので、解約したい!と思った時に更新月の期間外である事がほとんど・・・

更新月外に解約をしたいなぁと思ったら次回の更新月を確認後メモなどをして待つというのも1つの手です。

②カードローンで払っちゃう

どうしてもすぐに解約したいならば解約金を払うしかありません。

解約金と言っても数千円~数万円程度なので大きな負担にはならないと思いますが、現状でそれすら払えない場合はカードローンを利用してみてください。

この場合、一括で返済が可能なら無利息キャンペーンをおこなっているカードローンを利用するとお得です。

お給料が入って一括返済すれば金利は0円です!

この記事のまとめ

このページではここまで、

 

  • 携帯電話を解約する前に確認
  • 携帯電話を解約する2つの方法
  • 解約金を払えない場合の対処法

についてお話させていただきました。

恐らくこれから一生使っていくだろう携帯電話。

だからこそ自分に合った料金プランなどを真剣に考えないと損をしてしまいます。

お得に携帯電話を利用する為にも、今使っている携帯会社を解約するというのは賢い選択の1つだと思います。

このページの情報が、読者様のお役に立てば幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

あわせて読みたい
The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加