自動車保険が払えない!保険料滞納のデメリットと解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車保険払えない

車に乗ってハンドルを握る以上、絶対に事故を起こさない!という保証は誰にもありません。

そこで、万が一の場合に備えて加入すべきなのが自動車保険です。

しかし、この自動車保険の保険料が収入などの問題で払えなくなってしまった・・・。

こういった時はどうなるのでしょうか?

このページでは、

 

  • 自動車保険の保険料が払えない状況が続くとどうなるのか?
  • 自動車保険の保険料が払えない時に解決策はあるのか?

上記の2点を中心に詳しく解説していきたいと思います。

保険料を滞納している・・・。という人は参考にしてみてください。
※払えない方が今すぐできる解決策はコチラ

早くなんとかしなきゃ…と考えている方のために、今すぐに現金を用意するおすすめの方法をご紹介します。

NO. 対処法 お手軽度
1 今すぐ物を売ってお金をつくる ★★☆☆☆
2 クレジットカードで払う ★★★☆☆
3 即日融資可能なカードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめはアコムのカードローンです。

また初めての利用なら最大30日間金利0円1万円から利用可能です!


即日融資ができる人気のカードローン第1位【アコム】


アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

即日融資ができる人気のカードローン第2位【アイフル】


アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 原則不要 ※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

保険料を滞納する事のデメリット

自動車保険を払えない・・・。滞納するデメリットは非常に多いです。

ここでは、自動車保険を払えないが為に生じる様々なデメリットについてお話します。

滞納中に支払の猶予期間が過ぎた場合は事故を起こしても補償が受けられない場合がある

自動車保険の保険料を滞納している期間にもしも事故を起こしてしまうと、保険料が支払われる場合と支払われない場合があります。

保険料滞納期間中に事故を起こしてしまった場合、補償されるためには滞納の翌月には全ての保険料の支払いがなされているかという点です。

滞納した月分の保険料を翌月分と一緒に支払うことでその期間中の事故は補償対象となります。

一方で、滞納した月分の保険料を翌月分も含め支払いがなされない場合は、その期間中の事故については、補償対象外となってしまうのです。

自動車保険の保険料を滞納している期間に事故を起こした場合は、例え保険料滞納期間中であっても強制解除をされていない場合は、まだ補償を受けることができるのです。

ただし、すでに3ヵ月間の保険料を滞納しており、保険会社より強制解約されている状態で事故を起こしてしまった場合は、残念ながら補償対象外となってしまいます。

自動車保険の保険料について補償の範囲

保険料を1ヵ月~3ヵ月間滞納している間に事故を起こした場合

→滞納している保険料の支払いを行うことで補償されます。

保険料を3ヵ月間滞納しており、強制解約がすでになされている場合

→どのような理由があっても補償を受けることはできません。

自動車保険料を滞納してしまっても3ヵ月目までに対処することで強制解約は免れることができるため滞納していることに気付いた場合は、すぐに保険料を納めるようにしましょう。

保険料を滞納してしまうと保険会社は、あなたへの信用を失くしてしまうのであなた自身にも損失があります。

気付いた時に即対処するようにしましょう。

自動車保険の滞納が続くと最後は強制解約となってしまう

自動車保険の強制解約までの流れ

自動車保険の保険料を滞納した場合は、以下のような流れによって最終的には強制解約に至ってしまいます。

1.~当月の引き落としができない~

→翌月2ヶ月分が引き落とされる

保険料の支払い方法は、一括で支払う方もいれば毎月の支払いとしている方もいます。

一般的な保険料の支払い方法は口座引き落としだと思いますが、口座引き落としができない場合は、毎月払いであれば翌月2ヶ月分が引き落とされる事になります。

2.~翌月引き落としができない~

→翌月3ヶ月分が引き落とされる

滞納した月分の保険料と翌月分の保険料を合算した請求の通知が自宅に届きます。

もしも2ヵ月分の口座引落が不能という場合は、翌月に3ヵ月分の保険料を一括請求されることになります。

ここまでの期間は、猶予期間となり滞納している保険料の支払いを行うことで保険はそのまま継続することが可能です。

前項でもお話しましたが、保険の補償についてもまだこの段階で事故を起こした場合に補償を受けることができます。

その為、この猶予期間に必ず支払いを行わなければなりません。

3.~翌々月も引き落としができない~

→自動車保険の強制解約

保険料を3ヵ月滞納してしまうと強制解約&3ヵ月分の滞納している保険料を一括請求されます。

その後も保険会社からは、請求があります。

その請求にも応じなければ、債務不履行としてあなたが訴えられてしまう可能性があります。

自動車保険が強制解約された場合のデメリット

自動車保険が解約されてしまう事のデメリットはたくさんあります。

現在、保険料を滞納中の方は、このデメリットについてよく認識しておきましょう。

強制解約は等級がなくなる

自動車保険の保険料を滞納し、その後契約解除となってしまうとそれまで長く積み上げてきた等級を引き継ぐことができなくなるのです。

自動車保険の等級は、初めて契約した時は6等級から始まります。

もしも契約解除されてしまうとまた新たな保険に加入しなければなりません。

その時に自動車保険の保険料の割引額が大幅に変わってしまい、等級に応じて高額な保険料からのスタートとなってしまうのです。

最高の20等級であれば、契約解除とならないよう対策を講じるべきでしょう。

保険料が払えないからと言って、督促状も無視したままでいると今までの等級が無駄になってしまうため保険料の滞納は、避けるべきであると言えます。

また、もしも今の自動車保険の保険料が高額で支払うことが難しい場合は、すでに滞納している分をきちんと支払い、等級を引き継いだまま別の保険会社が提供する保険料の安い自動車保険へ加入することをオススメします。

万が一の場合、損害賠償金が払えない

保険会社により、自動車保険を強制解除されてしまうと事故を起こした際の補償や補填については、あなた自身が全て負担しなければなりません。

しかし、自賠責保険には加入しているから大丈夫!!と思う方も少なくありません。

では、実際に事故を起こしてしまった場合は、何に対してどれくらいのお金が必要となるか見てみましょう。

まず、相手はもちろん、自分自身のケガの治療費や入院費、また、相手の車や自分の車の修理代、もしも弁護士のような専門家をたてる場合はその弁護士費用、事故の内容が店舗破損であった場合など長期に渡って営業不可な状態となる場合の休業損害など想像以上の費用がかかることが分かりますよね。

車を運転する者は、いつ、どんな時にどのような事故を起こしてしまうか分かりません。

また、自賠責保険の内容についてもあまり熟知していない方も多いので下記に記載してみました。

 

【自賠責保険の上限額】

  • 死亡事故の場合:葬儀費用や慰謝料など3000万円まで
  • 後遺障害が残るような事故の場合:治療費や慰謝料など4000万円まで
  • 障害の残るような事故の場合:治療費や休業損害、また慰謝料など120万円まで

自賠責保険の上限額は上記のように定められています。

しかし、この上限額で納得いく結果となればまだしも損害賠償金を求められるケースがほとんどです。

そうなった場合、とても自賠責保険だけでの補填は無理な話となります。

だからこそ、様々な任意保険があるのです。

車を運転する私達は、被害者にも加害者にもなる可能性はあるのです。

保険料を滞納していて、もしも契約解除されても補償してもらえるだろうなどといった根拠のない自信は、持つべきではありません。

事故ひとつであなたの人生も相手の方の人生も将来がなくなってしまいます。

信用情報に影響する可能性がある

自動車保険の保険料をクレジットカード払いとしている場合は、指定日に口座振替を行うことができず、残高不足により口座引落がなされないまま当月、翌月と続いたことがある方も多いと思います。

しかし、そのような遅延を繰り返すことで個人信用情報期間に載る可能性があります。

また、将来、住宅を購入する際の住宅ローンや子供の教育資金を借りる教育ローンなど貸主が銀行の場合は、一切ローンが組めないという可能性が高くなります。

自動車保険が払えない時の解決策

自動車保険の保険料が払えない場合は、等級を引き継いだまま中断証明書を発行してもらったり、自動車保険の見直しを行ったり、カードローンを利用して保険料の支払いを行うことができます。

それぞれについて詳細をご紹介します。

強制解約される前に中断証明書で等級を守る

自動車保険の保険料を払うことができないために車を手放そうと考えている方も少なくありません。

その場合、現在契約している保険料については、支払いを済ませた方が良いでしょう。

なぜなら、車に乗らなくても現在の等級を引き継いだまま保険を中断することができるからです。

しかし、今、滞納している分があればその費用を全て支払った後、保険の中断を行いましょう。

滞納している保険料を納めないまま保険の中断はできないため注意が必要です。

等級を引き継ぐことにより、また自動車保険に加入する際に再契約する必要がなくなるのです。

保険の中断に関する手続きは、保険をかけている保険会社に保険の中断を申し出て「中断証明書」を貰ってください。

この中断証明書があることで10年間保険料を納めずに等級を引き継ぐことが可能となるのです。

また、今後、車に乗ることがあることを考慮して中断証明書は大切に保管しておきましょう。

現在加入している自動車保険を見直す

保険料が払えずに滞納してしまったり、契約解除されたり、また、契約解除されそうな方については、やはり、現在のあなた自身の生活に合わない自動車保険に加入していることになります。

その場合は、自動車保険そのものを見直しされてみてはいかがでしょうか?

かつては問題なく支払うことができていたかもしれませんが、生活環境やライフスタイルの変化により自動車保険の保険料があなたにとって負担となってしまったのかもしれません。

今は、ネットで複数の保険会社の見積もりを行うことができます。

見積もりを行うことで今よりも保険料がとても安くなることも考えられます。

その為、今よりも安い自動車保険を選ぶことができるチャンスであると捉え、保険の見直しを行うことをオススメします。

一時的にお金がないのであればカードローンを利用する

自動車保険の保険料を滞納した場合、誰かに頼ることもできないという窮地にまで追い込まれた際は最終手段としてカードローンの検討をオススメします。

本当は親や兄弟、友人に頼りたいところですが、やはり自身のことで迷惑をかけたくないと感じる方も多いでしょう。

そのような場合は、カードローンを利用しましょう。

この記事のまとめ

自動車保険の保険料を滞納した場合のデメリットや解決策についてご紹介しました。

自動車保険の保険料については、1度滞納しても翌月に支払えば特に問題はありません。

しかし、2ヵ月滞納してしまうと一括請求や契約解除の可能性があるのです。

もし、どうしても滞納した自動車保険の保険料が払えないとなれば、最終的にはカードローンを利用して支払いを行いましょう。

自動車保険は、強制解除されてしまうとこれまで積み重ねてきた等級を無駄にしてしまいます。

それが一番もったいないことなので保険料の滞納が分かった場合は、早急に滞納分の支払いを行うことが大切です。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

ネットで契約まで完了できるため、誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンへの入会でもれなく楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる!

楽天銀行の口座をお持ちなら24時間いつでも借りたい金額を振込してくれます!もちろん夜中でもOK!

楽天銀行に口座がなくても、いつも利用している口座に振り込みも可能!

必要書類もスマホで提出可能!誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
即日融資 ×
収入証明書
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
【3位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

カードレスでアプリを使ってセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 原則不要※アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加