家賃が払えない時の連帯保証人への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家賃払えない連帯保証人

賃貸借契約を行う際、大家さんを救済する為にも一般的には借主が家賃を払わない時に、

借主に代わって家賃を払うことを保証してくれる連帯保証人が必要となります。

契約時にこの定めを行い、賃貸借契約を行うことがほとんどです。

ここでは借主本人が家賃が払えない時に、連帯保証人となった人に対しどのような影響があるのか?

についてご紹介したいと思います。

借主が家賃を払えないと連帯保証人はとてつもない被害を受ける事になるという事がわかるかと思います!
※お急ぎの方はコチラ

絶対に家賃を回収するシステムが「連帯保証人制度」

賃貸物件を賃貸する際は、貸主から連帯保証人を立てるように求められることがほとんどです。

「保証人」と「連帯保証人」には、確かな違いがあることをご存知ですか?

単純に、もしも家賃の支払いができなくなった場合に、自分に代わって支払いを行ってくれる人などと思っている方がほとんどでしょう。

貸す側となっては、家賃滞納は避けたいと思っています。

その為、貸主は、賃貸契約を行う際は、家賃や弁償費用をきちんと回収できる方法として「連帯保証人制度」を採用しています。

この制度をしっかりと契約時に締結しておけば、万一の家賃滞納の際も、絶対に家賃を回収することができるのです。

保証人と連帯保証人では「天と地」程違う

賃貸借契約を行う際、借主である契約者だけではなく、通常は連帯保証人を立て、契約を行うことが多いと言われています。

連帯保証人は借主に対し、請求してほしいとは言えず、保証人は、滞納している家賃を払うよう請求がなされても、借りている本人に請求してもらうよう、言うことができます。

しかし、連帯保証人には、この権利はなく言われたまま支払いを行わなければなりません。

このように、保証は、保証人と連帯保証人の2つあり、それぞれに「天と地」ほどの大きな違いもあります。

では、一体どのような違いがあるのかをみてみましょう。

催告の抗弁権がない

家賃を滞納している入居者に、何らかの財産があることが分かっても、大家さんからの家賃請求を、連帯保証人に請求することはできません。

大家さんは、実際には入居者・連帯保証人のどちらにも督促することが可能。

本人ではなく連帯保証人に請求しようと、大家さんの自由となります。

検索の抗弁権がない

連帯保証人は、まず財産を先に差し押さえるよう言う権利を持ちません。

家賃を滞納している入居者に収入があるにも関わらず、家賃の支払いを行わない場合、連帯保証人よりも先に、入居者本人の収入に対し、請求を行うよう言うことができません。

大家さんからの請求があれば、入居者(滞納者)に例え収入があるということが分かっていても、連帯保証人に支払いの義務があるのです。

分割の利益がない

家賃の滞納金額が100万円もあり仮に連帯保証人が2人いる場合は、五分五分の債務であるという訳ではありません。

大家さんからすると、連帯保証人が何人であろうと入居者(滞納者)の債務の全額をひとりの連帯保証人に対し請求することが可能です。

どちらの連帯保証人にどれだけの請求を行うかについても、大家さんの自由です。

家賃滞納から連帯保証人へ連絡がいくまでの流れ

部屋を借りる際は、賃貸契約を結びます。

そして、毎月家賃を支払うことが義務となり、これに違反した場合は契約違反となり、貸主は違反をしている契約者に、家賃を回収する為の手続きを行います。

家賃滞納を放置することで、当然、滞納金は増え、事態が悪化してしまう為、早急な対応が必要です。

借主が家賃を滞納し、連帯保証人が支払い義務を負うまでの流れは下記のようになります。

①電話がある

大家さん又は管理会社から状況確認の連絡の為、電話がある

②手紙がくる

手紙による督促状が届く

③訪問がある

大家さん又は管理会社が入居者の自宅へ訪問がある

④連帯保証人に責任が及ぶ

入居者本人と連絡が取れない場合は、連帯保証人へ連絡が入る

⑤訴訟提起となる

家賃滞納期間が長引いたり、大家さんや管理会社の連絡・訪問に応じない、また、連帯保証人が対応に応じない場合は、訴訟問題となる可能性が高くなります。

※また、家賃が払えない場合は、当然ながら延滞金も発生してしまう為、支払い金額はさらに高額になります。延滞金の額は一般的に14.5%であることが多いです。

連帯保証人の責任はいつまで続く?

連帯保証人の責任は、賃貸借契約で定められた事項についての責任が全て履行されるまで有効となります。

連帯保証人は、完全なる責任を負う義務があるにも関わらず、賃貸借契約を解除する権限や部屋を引き払う権限も有していない為、一番不利な立場であると言えます。

しかし、非常に稀なケースで例外として、賃借人本人が家賃の滞納を続けているにも関わらず、それでも本人が賃貸借契約を解除することなく、故意に滞納金を増加させているような場合は、連帯保証人に責任はないとみなされ、大家さんが泣き寝入りすることもあります。

連帯保証人が借主の滞納した家賃を払えない場合はどうなる?

連帯保証人が借主の滞納した家賃を払えない場合は、悲惨な現実が待っています。

借主本人のみならず、連帯保証人も家賃の支払いを行えないとなれば、

住んでいるアパートなどを強制撤去をせざるを得ません。

家賃が払えない状況のまま滞納し続けることで大家さんや管理会社は、裁判所へ訴訟を起こすことになります。

基本的に家賃が払えないことについて、何らかの明確な理由がない限りは裁判で敗訴となる可能性が高いと言えます。

その際は、住んでいる家から強制撤去となります。

また、強制撤去だけでなく債務者の何かに対して強制的に差し押さえて滞納金の回収を行うことが可能です。

最近では、家賃滞納を原因として家賃滞納者本人や連帯保証人の動産や不動産などの財産の差し押さえが各地で行われているという事実があります。

このような動産や不動産に対しての差し押さえは以下のように法的な手続きを踏んで進めていく事になります。

法的な手続きの際は、

  • 債務者の債務名義があること
  • 家賃滞納者が現在どれだけの財産を持っているのか財産調査が済んでいること
  • 裁判所の許可が出ていること

を条件として、動産や不動産の差し押さえが可能となるのです。

連帯保証人に迷惑をかけない為の解決策

借主が家賃を払えない状況となっても、連帯保証人にまで迷惑はかけない!

これが人として当たり前の考え方だと思います。

どうにか連帯保証人に迷惑をかけずに事を大きくしないよう解決策を考える際、

どのような方法があるかを3つ挙げてみました。

まずは、大家(不動産会社)に連絡

家賃滞納の時期を問わず、まずは借主本人が大家さんに家賃を払えないこととなった段階で、早々に連絡を入れることが大切です。

特に、職場が近い、立地が便利、生活環境が良い、などといった条件が借主本人のライフスタイルに合う場合は、今の家に住みたいと思うでしょう。

それならば、なおさら、大家さんとの信頼関係を維持することに務めることが重要ポイントです。

大家さんに何も伝えることなく家賃を滞納するよりも、何らかの理由があって家賃の支払いができない旨、伝えるようにしましょう。

また、支払いの目途が立った時に支払いを行う旨、誠心誠意伝えることで、大家さんも快諾してくれることも多いと言われています。

どのような対応をされるかについては、その賃貸物件を持つ大家さん次第ということが大前提となります。

必ず家賃滞納についての謝罪は行うようにしましょう。

すぐに支払いを行えない場合は、期日を指定するなどの支払い方法を大家さんに相談してみるのも良いでしょう。

逆に、全額の家賃の支払いが厳しい場合は、その一部だけでも可能な範囲で支払いを行う姿勢も大切です。

また、家賃を滞納すると、遅延損害金が発生します。

賃貸借契約の際は、家賃滞納があった際は、遅延損害金の支払いについてが明記されていることが多く、これについてはきちんと支払いを行う義務があります。

生活困窮者自立支援制度ができないか?確認

まだ施行されて期間も浅く、あまり世間の認知度が低いことで、そこまで多く利用されているということを聞かない「生活困窮者自立支援制度」は、住宅確保給付金(家賃支給)を利用することができます。

認知度が低いことであまり進んでいない制度であるようです。

これは生活保護とは全く異なり、平成27年度は国の予算で500億円を計上していたにも関わらず、知らないまま損していたという方も少なくありません。

生活困窮者自立支援制度については各自治体が任意事業として行っている為、お住まいの地域の自治体に確認するようにしましょう。

カードローンを利用してお金を払う

大家さんに支払いの分割・支払い期限の延長などを相談してもダメ。

生活困窮者自立支援制度も利用できない。

他に手が何もない・・・。そのような場合、最後の手がカードローン。

とりあえずカードローンで家賃を支払ってしまい、

その後副業を始めたり、仕事の残業を増やしたりして収入を増やす。

これが連帯保証人に迷惑をかけない為の最後の手段です。

借金なんかしたくない!などと言っている場合ではありません。

連帯保証人に迷惑をかけない!これが大事です!!

この記事のまとめ

家賃が払えない時の連帯保証人への影響はかなり厳しいものであることが分かりますね。

最悪のケースとしては、借主が家賃を払わない事によって連帯保証人の動産や不動産が差し押さえになり、連帯保証人の生活そのものが脅かされる事態になります。

そのようなことにならない為にも、連帯保証人に迷惑をかけないよう家賃を払う事が大事です。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comおすすめランキング
【1位】プロミス
プロミスプロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ネットやATMから24時間借入&返済ができるので大変便利なカードローンです。

初めてなら最大30日間金利0円!

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】新生銀行カードローン レイク
コンビニATM利用手数料0円!

初めてならお借入れ全額30日間金利0円!

初めてならお借入れ額のうち5万円まで180日間金利0円!

利息0円が選べるのはレイクだけとなっています
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 -
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【5位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加