結納金が払えない時の解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結納金 払えない

結婚費用として、結納をする時にかかるお金の一つが「結納金」です。

結納をする時に、基本的な考え方として、男性側が女性側の両親に向けて、結婚までの様々な支度金として納めるお金と言われていますが、元は花嫁衣装であったようです。

それが、時代とともに衣装ではなくお金に変わり、

「この結納金で嫁ぐ準備をお願いします」

という意味を持つようになり、女性側に受けて渡すといった風習に変わりました。

しかしこの結納金については、

  • 「そんなお金はないんだけど・・・どうすればいい?」
  • 「相手の親から結納をしないと結婚は認めないって言われている・・・」

など、結婚を控えた方の中で、結納金について悩む方は少なくありません。

ここでは、結納金が払えない時の解決策について解説したいと思います。
※お急ぎの方はコチラ

結納金の平均相場

ウエディング関連の情報サイト、ゼクシィのデータによれば、

結納金の平均相場としては、平均金額927000円となり、

  • 関東では866000円
  • 関西では1036000円

関西の方が高くなっています。

情報元:ゼクシィ結納の進め方~準備編~
http://zexy.net/mar/manual/kiso_yuino/chapter2.html

結納金については、ご祝儀と同じ扱いとなる為、偶数は避けられる傾向にあるようで、奇数で準備されることが多いです。

中には800000円という金額とする方がいますが、これは数字の「8」が末広がりであることから、このような金額にされる方もいらっしゃいます。

結納金を払えないという場合は、全く払わないというのは心苦しい為、少し金額を減額するという形で対応した方が良いかもしれません。

結納のスタイルは地域の風習やしきたりで変わる

結納には、「関東式」と「関西式」があります。

関東式は男性と女性の立場が同等であるといった考えを持ちます。

その為、お互いが結納品を準備し、取り交わすことになります。

関西式では、結納品は男性から女性に贈られるという考え方となる為、女性側から男性側へ結納品の準備は不要です。

結納は地域によって異なる為、お互いの出身地のスタイルなどを考慮し、どちらの形式を優先的に行うかを話し合う必要があります。

結納をする時にかかるその他費用

結納をする時にかかるその他の費用については、結納金以外に、婚約記念品を準備することになります。

関東式の場合は結納金の半額にあたる物品をお返しするとし、関西式の場合は結納金の1割程度の金額を返礼として準備しておく必要があります。

また、結納を行う場所がホテルであるか料亭であるか、あるいは式場となるのかによって、その際に必要となる会場費について、お互いの両家が折半して負担するのか、又は女性側が全額負担するのかなどを決め、当日に持参しなければなりません。

結納品

結納品は、結納の儀式を行う際に贈る縁起物です。

関東式の場合は9品目を、関西式は5~9品目を贈ることが一般的です。

しかし、地域や両家の考え方によって品数も異なります。

結納品は、結納専門店で購入することも可能です。

又は、ホテルや式場などが結納パックを設定している為、このようなパックを契約しておくと、結婚準備に忙しい両家にとってとても手助けとなります。

関東式

目録、長熨斗、御帯料(金包)、勝男武士(鰹節)、寿留女(するめ)、子生婦(昆布)、友白髪、末広、家内喜多留(やなぎだる)など9品目

関西式

結納品を準備するのは男性側だけとなります。

品目は、目録、長熨斗、御帯料(金包)、勝男武士(鰹節)、寿留女(するめ)、子生婦(昆布)、友白髪、末広、家内喜多留(やなぎだる)、結婚指輪、高砂人形など、21品となることもあり、関西式の方がとても華やかであると言われています。

婚約記念品

成婚記念品として準備されるものは、男性には時計、女性には指輪といったような高価な宝飾品であることが一般的です。

このうち、指輪については、関西式では結納品のひとつとして贈られる為、すでに婚約指輪をもらっている場合は、目録にいれるだけで良いです。

男性へ贈る成婚記念品については、近年では本人が欲しいと思うものを贈る傾向にあります。

受書・家族書

結納品を受け取った際に渡す受書については、結納品購入時についているものを当日渡すようにしましょう。

家族書については、お互いの両家を紹介するものです。

父母兄弟姉妹、祖母などの銅鏡の家族についての名前、続柄、年齢を記したものを、両家でそれぞれ準備しておくようにしてください。

食事・会場費

近年では、両家の顔合わせにホテルや料亭を利用される方も多く、結納を行わない場合については、両家の顔合わせという形で、お互いの家族がお食事会のようなスタイルでとり行われることが一般的となりました。

行われる場所については、ホテルや料亭といった場所を利用することが多いです。

昔は女性の自宅で行うことが一般的でしたが、時代と共に変化していると言えます。

また、結納の場所としてホテルや料亭を利用する際も、食事や会場費が必要となります。

実際に食事や会場費として必要となる費用の平均は142000円です。

この費用は、結納と会食が含まれた費用となり、北陸地方では350000円という高額であることもあるようです。

結納をする時にかかるその他費用

結納の際は、結納金や結納品以外にも、酒肴料(しゅりょうりょう)や婚約記念品などのその他の費用が必要となります。

酒肴料(しゅりょうりょう)とは、結納後の席で相手をもてなす際に必要となるお酒を指します。

昔は男性側がお酒を持参し、女性側が料理をもてなすといった形式でしたが、現在は酒肴料(しゅりょうりょう)として、女性側がその費用を負担することが一般的であると言われています。

酒肴料(しゅりょうりょう)の目安は、結納金の1割が一般的です。

結納の会場を料亭やレストラン等で行う際の費用は女性側が負担することが一般的ですが、両家の話し合いにより、折半となることもあります。

食事代については20000円までが一般的です。

会場が個室である場合は、別途費用がかかることがあります。

婚約記念品については、一般的には婚約指輪が贈られます。

費用は30~40万円の価格帯を準備される方が多いです。

記念品となる為、女性側も男性側に贈り、記念品交換を行います。

一般的にはスーツや腕時計といったことが多く、希望するものがあればそれを贈るというスタイルもとられます。

結納をする場合は必ず結納金を払わないといけない?

結納をする場合は、決まった金額を必ずという考え方ではなく、男性側の家や本人に合わせるべきであるという意見があり、近年では結納金を払えないというケースも多いです。

 

また、最近では、結納金をなしとするカップルも増えているのが現実です。

なぜなら、結納金が払えないというケースもあるかもしれないからです。

結納金を払うことで、それに対してお返しを行わなければならず、いずれは夫婦となる二人に、形式の為に費用を費やする必要なはいといった考えを持つ方が増えているからであるとも言われています。

その他、結婚式にお金がかかることを考慮し、結納金はなしとするという形で結婚を決めるカップルが増えているようです。

そもそも結納は両家の話し合いによって決めるもの

結納は必ずしも行わなければならないものではありません。

結納を行うことで結納金の支払いが生じ、それに対して結納返しも必要となります。

近年では、結納じたいを進んで行うカップルは少なく、結納を行うかなどについては両家の話し合いによって決める時代となっています。

もちろん、そこには本人達の希望や考えも含めなければなりません。

形式だけに捕らわれるよりも、現実的に必要か否かを選択する時代となっているようですね。

結納金に関する2つの意見

結納金は必ず納めなければならないものなのか!?と思う方も少なくありません。

確かに、結納金には昔ながらの花嫁衣装としての意味はもちろん、結婚の準備費用として考えられていますが、今の時代にそこまでの必要性があるものか疑問です。

ここでは結納金に関する肯定する意見と否定する意見についてみていきたいと思います。

肯定する意見

結納金は両家で納めるかどうかを考えるものでもありますが、

女性としては、

結納金を払ってもらえるか?

それとも払ってもらえないか?

によって、自分自身の価値を考えるという方も少なくありません。

両家で話し合って結納金はなしする旨取り決めを行ったとすると、家財や新興旅行費などについてはお互いが折半する形となります。

それを自分が嫁ぐことに対して価値のないものだと感じることもあるようです。

結納金については、必ず払わなければならないという訳ではありませんが、女性の心情も考慮するのが良いでしょう。

否定する意見

結納金について、「お金を払うから嫁にもらってやる」などといった意味合いを持つようで、

それが昔野風潮に感じることから、今の時代に沿ったものではないという考え方をする方も増えてきました。

その為、人身売買的な扱いとなるお金に感じ、結納金をなしとする傾向になっています。

しかし、もしも女性側が必要であると考える場合は、結納金の支払いはあるものだと考えておきましょう。

結納金が払えない時の解決策

結納を行う際、結納金がどうしても払えないという方も少なくありません。

しかし、昔ながらの考えを持つお相手の両親は、結納を行うこと、結納金を納めてもらうことが当たり前だと感じているかもしれません。

もしくは、時代の変化と共に柔軟な考えをされる家庭もあるでしょう。

ここでは、結納金が払えない時の解決策についてご紹介したいと思います。

女性側に両親を説得してもらう

結納金を支払うことについては、法律上決められているという訳ではありません。

結納が必要であるか、結納金の支払いが必要か否かなどについては、それぞれの家庭によって異なり、両家の話し合いで決まるものでもあります。

その為、結納金については、両親ともしっかりと相談しておくことが大切です。

時代の流れと共に、結納じたいを行わないとする家庭であれば結納金の支払いもありません。

しかし、受け取る側の女性の両親が、結納じだいと重んじる家庭であれば、結納金の工面が必要となります。

自分の両親から費用の贈与を受ける

男性が自分でお金を準備することができない場合は、両親や親族に相談するのもひとつの方法です。

自身で準備できないとなれば、両親が準備しなければ結納を行うことができません。

しかし、例え男性本人が結納金を準備できず、両親や親族がその費用を準備し持参しても、そのことを相手の女性側へ伝える必要はありません。

女性側の両親が大切に育てた娘の幸せを願うのと同じように、男性側の両親も息子を想う気持ちは強い為、結納金の準備を手助けしてくれることでしょう。

どうしても結納金を払わなければならないならカードローン

自身で結納金を準備できない為に、両親や親族に頼っても、それでもどうしても結納金を準備することができないという方も中にはいるでしょう。

その場合は、金融サービスのカードローンに頼る他ないでしょう。

カードローンであれば、双方の両親のみならず、結婚相手にも知られることなく必要となるお金を準備できます。

上手く活用することで、必要な時に役立ててみるのも良いかもしれません。

しかし、カードローンを利用する際は事前に返済計画をしっかりと立てておく必要があります。

無計画に借りてしまっては、幸せな結婚生活が台無しですよ!!

結納を「略式」にする

略式結納は、近年では料亭やレストランに両家が集まり、その場を借りて結納品を納めるという形式でとり行われることが多くなりました。

中には、仲人を立てて行う場合と、仲人を立てずに両親と本人同士が進行していく場合とあります。

昔は結婚相手となる女性側の自宅で行うことが一般的でしたが、

時代の流れと共に、自宅ではない他の場所を借りて行うことが主流となってきました。

料亭やホテル・式場で行う際は、結納プランというものが設定されている為、結納と食事会がセットになっています。

このようなプランを利用すると、より結納が円滑に進むと言える為、

昔のような形式ばったものではなく、近年ではこのような形式が人気となっています。

「顔合わせ」で済ませて、結納自体を行なわない

本来は日本独特の伝統的な婚約儀式である「結納」が、近年では「結納」じたいをとり行うことなく、

「両家の顔合わせ食事会」といったようなカジュアルなスタイルに変化しつつあります。

その為、結納じたいがさらに省略される上、儀式的なところは省き、

両家の親睦を深めることを目的にする時代となりました。

顔合わせ食事会であれば、形式ばったものもなく、和やかな雰囲気で行われる為、両家の親睦も深まるようです。

婚約の証として、成婚記念品として婚約指輪を交換するといったケースも多いようです。

この記事のまとめ

結納金が払えない時の解決策についてご紹介しました。

結納金は、あくまでも両家がどのような考え方を持っているか?また、本当に結納や結納金が必要であるか否か、

これらを本人が望んでいるかなど、様々な点から考慮しなければなりません。

実際には、結納金は100万円といった金額が相場であることから、しっかりと貯金していればすぐに準備できるものの、そうでない家庭もたくさんあります。

結納金を準備する方法は両親や親族に頼ることの他、カードローンや結納を略式にするなど、様々に対応可能です。

結納金が払えないことで結婚が破綻になるという可能性がゼロではない為、きちんとした対応を行うべきですね。

The following two tabs change content below.
払えない旦那
払えない旦那
払えない物がありすぎて督促状に怯える毎日だったが最近では督促状を見ても「あ~これまた来たか」という感じでメンタルが強化されてきた今日この頃。せっかく払えないものがたくさんあるんだから人生に一度くらい誰かの役に立てばと!と思い自身の払えなかった体験談などを書くので是非参考にしてほしい。
払えない.comおすすめランキング
【1位】プロミス
プロミスプロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ネットやATMから24時間借入&返済ができるので大変便利なカードローンです。

初めてなら最大30日間金利0円!

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】新生銀行カードローン レイク
コンビニATM利用手数料0円!

初めてならお借入れ全額30日間金利0円!

初めてならお借入れ額のうち5万円まで180日間金利0円!

利息0円が選べるのはレイクだけとなっています
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 -
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【5位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加