格安SIMで携帯代を節約【毎月携帯料金が高くて支払いに困っている人必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
携帯代節約格安sim

「携帯電話」は現在、必須とも言える道具です。

これがないとプライベートでもビジネスでも連絡を付けることが難しくなりますし、

生活の一部とも言える非常に重要なものへと進化しました。

しかし同時に、この携帯の利用料金に悩まされる人が多くなった事も確かです。

もちろん今のままでも、契約プランなどを見直すことによって携帯代を安くできる可能性もあると思いますが、それよりも圧倒的に月々の携帯代を抑える方法があるんです!!!

それが「格安SIM」!!

最近ではCMなども頻繁に流れているので、広く認知されてきてます。

私自身も半年前に格安SIMを利用する事にしましたが、本当に良かったと思っています!

それまでは、auで月々10,000円~15,000円かかっていた携帯代が、格安SIM(UQモバイル)に変えた結果、月々1980円と大幅に携帯代が安くなりました!!!

電話番号も端末(私はiPhone)もそのまま使えます♪

このページでは格安SIMについて詳しく解説していきます
※お急ぎの方はコチラ

毎月の携帯料金を大きく抑えることができる「格安SIM」とは?

まず、「格安SIMとはそもそも何か」という基本的なお話です。

実のところ、「格安SIM」というのは通称のようなもので、この名前自体のサービスがあるわけではありません。

概念の一つに過ぎないため、これを定義づけることはできないと専門家は指摘します。

ただ、一般的には「安く使える携帯契約のタイプ」のようにアバウトに解釈されているものです。

たとえば、「データ通信と通話料込みで2500円以下」のようなものです。

これを行う業者をMVNOと評します。

大手からインフラを借りて行うため、当然格安SIMは大手のキャリアよりも安くなります。

データSIM

データ通信用に使われるSIMのことを言います。

物によって値段は異なりますが、通信だけならば500円程度からサービスがあり、非常に安く抑えられています。

ただ、通信制限などが起こるものもあるので注意が必要です。

音声通話SIM

多くの人はコチラを利用しています!

データSIMがデータのやり取りをするものであるのならば、こちらの方は通話を司るものです。

こちらも値段は各社で異なりますが、1300円~2500円程度が相場だとされています。

この「格安SIM」を利用する場合であっても、MNPと呼ばれるものを利用できれば、電話番号を変えずに乗り換えることができます。

MNPは「ナンパーポータピリティ」と呼ばれるものであり、非常に便利なものです。

UQモバイル・DMMモバイル・楽天モバイルなどが、このMNP制度を採用しています。

格安SIM会社(MVNO)の料金が安い理由と大手キャリアとの比較

そもそも、格安SIMはなぜ安いのでしょうか?

これは、格安SIMを取り扱うMVNOの運営形態に理由を求めることができます。

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator(モバイルバーチャルネットワークオペレーター。仮想移動体通信事業者)」の略称です。

このMVNOは、大手キャリア(docomo・Softbank・au)とはまったく異なる運営形態をとっています。

大手キャリアはすべて、自分たちでインフラを整えています。

自分たちで設備を建設して、自分たちでそれを管理して、通信を支えています。

しかし、MVNOはそうではありません。MVNOは自社では設備を持っておらず、大手キャリアのそれを借りて利用しているのです。

このような仕組みであるため、MVNOは設備を建設するための建築費用を抑えることが可能です。

また、管理費用も非常に安く抑えることができるのです。

この「浮いた金額」を利用者に還元できるため、MVNOの扱うサービスは非常に安く済むのです。

格安SIMのデメリットについて

非常にお買い得に済ませられることがメリットの格安SIMですが、これにもデメリットはあります。

支払い方法が限られる

支払い方法が、クレジットカードやデビットカードなどに限られる、というところもあるのがまず一つ目です。

支払い方法が限られてしまうわけですが、

「クレジットカードの審査に通らないほどに年収が低かったり、勤め先が不安定だったりする」

「だからこそ、格安SIMにしたいのに……」

という人の場合は、八方ふさがりになってしまうことがあるのです。

ただ、現在はさまざまな支払い方法を選べる格安SIMも出ていますから、そのなかから選ぼうと割り切れるのであれば、格安SIMを手に入れることは難しくありません。

品質面では大手キャリアを越えられない

「格安SIMはどうあがいても、親となる大手キャリアを品質の面では越えられない」ということがあります。

たとえば、DoCoMoのインフラを利用している格安SIMの場合、その性能は絶対にDoCoMoのそれに比べて劣ります。

よくて同等です。

例として、通信速度が遅くなったり、データ通信に制限が出たりといった問題が起こる可能性があります。

混雑する時間帯はこの制限を食らうことがあります。

契約内容をMVNOが制限しているため、この問題は格安SIMを使い続ける以上必ず付きまとうものです。

このため、「外でよくインターネットを使う」「携帯電話を頻繁に使う」という人の場合、格安SIMにすると、今までよりも多少不便になる場面があるかも!と思っておく必要があります。※今の所は私は何の支障もありません

なお、「格安SIMの場合はサポートがしっかりしていない」という記述を見ることもありますが、これは必ずしも正しいとは言えない表現です。

専門家の意見によれば、

「条件が限られているからこそ、逆に、サポートは手厚く受けられることもある。格安SIMだからサポートが悪い、とは断言できない」ということでした。

おすすめの格安SIM3選

さて、ここまで「格安SIM全体のこと」を取り上げてきましたが、格安SIMには多くの種類があります。

種類が多くてどこにすればいいのかわからない・・・という人も多いですが、

実際に利用するべき優良の格安SIMというのは限られてくるので、逆に選ぶ事は簡単です!

現在最も人気のある3つをご紹介します!!

UQモバイル

格安SIMの中で一番おすすめなのがUQモバイルです!

 

  • 5分以内の国内通話ならなんどかけても無料の「おしゃべりプラン」
  • 月々合計で最大180分の通話が無料になる「ぴったりプラン」

UQモバイルには2つのプランがあり月々1980円~(全て込みで)利用ができるんです!

それから、UQモバイルはauを利用しています。

格安SIMのマイナス点である「データ通信の弱さ」をカバーしたものであり、混雑する状況でもかなり快適に使うことができます。

「格安SIMであっても、快適なデータ通信を楽しみたい」という人におすすめです。

こういった点から格安SIMであるものの、大手キャリアに引けを取らないという声も多いです。

現在WEB割キャンペーン中!

送料・SIM代金・代引き手数料など、初期費用が無料になります♪

通話回数が多い方にオススメの「おしゃべりプラン」

プランS プランM プランL
基本使用料(月額) 1,980円 2,980円 4,980円
月間データ容量(月) 最大2GB 最大6GB 最大14GB
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料!

長時間の通話が多い方にオススメの「ぴったりプラン」

プランS プランM プランL
基本使用料(月額) 1,980円 2,980円 4,980円
月間データ容量(月) 最大2GB 最大6GB 最大14GB
無料通話 最大60分 最大120分 最大180分

DMMモバイル

MNPがある(電話番号そのままで乗り換え可能)格安SIMです。

データ通信のSIMプランがなんと業界最安440円から!(音声通話はできません)

うまく自分に合うプランを選ぶことができるのであれば、オトクに使えるのがうれしいポイントです。

音声通話を組み合わせた場合も、1140円から使うことができます。

但し、口コミなどでは通信速度が遅いなどと指摘されていたりもします。

DMMモバイルの料金プラン

高速データ通信 データSIM 通話SIM
ライトプラン 440円 1,140円
高速データ通信プラン 1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,280円 3,980円
20GB 3,980円 4,680円

楽天モバイル

MNPがある(電話番号そのままで乗り換え可能)格安SIMです。

制限や条件はあるものの、「かけ放題」などの特典が付けられているため、使い方を工夫することでかなりお買い得になります。

楽天モバイルの料金プラン

  プランS プランM プランL
月額基本料 1,980円 2,980円 4,980円
データ通信 2GB 6GB 14GB
通話 5分以内の国内通話が何度でも無料!

この記事のまとめ

格安SIMは、その安さで一躍有名になったものです。

ただし、そこには「通信制限」をはじめとして、大手キャリアにはないデメリットもあります。

このため、格安SIMが良いか、それとも大手キャリアが良いかということは一概には言えません。

何を優先するかによって、選ぶべき会社は変わってくるからです。

ただ、

「とにかく携帯代を安くあげたい」

「家にネット回線がある」

「今のプランだと無駄が多く感じている」

というような人にとっては、格安SIM(MVNO)はベストな選択肢となるでしょう。

しっかり考えて、格安SIM(MVNO)にするか大手キャリアにするかを選んでいきたいものですね。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【2位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!


カードレスでセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
【3位】MR.カードローン
Mr.カードローン住信SBIネット銀行は金利が0.99%~14.79%と銀行ならではの金利!毎月の返済は2,000円からでもOK!

最短60分で仮審査完了!ネットで24時間申し込めるから夜中でもOK!

他のカードローンと比べて、持っていてもバレにくいカードのデザインで安心して使える!

MR.カードローンなら必要書類もWEBで提出ができるから誰にもバレない!
金利(実質年率) 0.99%~14.79%
即日融資 ×
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加