結婚式費用が払えない!実体験から教える節約術と費用を用意する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式費用払えない

人生において自分が主役となり、ほとんどの人が一生に1度しか経験しないものといえば結婚式です。

女性にとって花嫁姿は憧れでもあり、結婚式を挙げたいと考える夫婦は多いでしょう。

しかし、ネックになるのがその費用です。

結婚式を挙げるには数百万円の支払いが必要になるため、「結婚式を挙げたいけど費用が払えない!」と悩む方も多いでしょう。

この記事を書いている私自身も結婚式を挙げたのですが、なんと夫婦揃って貯金ゼロ!

もし費用が払えなかったら…と頭を抱えたものです。

そこで今回は、私の体験談を元に結婚式にかかる費用の相場から支払いのタイミング、節約のためのポイントや費用が払えない場合の対処法をご紹介していきたいと思います。

費用が払えないことで夫婦で揉めてしまい、今後の結婚生活に影響を及ぼさぬようしっかり対策をしていきましょう。
※お急ぎの方はコチラ

結婚式にかかる費用の相場(実例画像有り)

『結婚式』と一口に言っても、さまざまな種類があります。

どんなスタイルの結婚式をしたいのかによって値段は大きく変わるため、プランごとの値段の相場を見てみましょう。

また、お金を払うのは式場だけではありません。

『お礼』としてもお金を渡さなければ行けない場面が多々あるため、あらかじめ予算に組み込んでおきましょう。

結婚式の種類別費用の相場

まず、どんなスタイルの結婚式かによって費用は大きく変わります。

自分のやりたい結婚式や予算にあったものを選びましょう。

  • ホテル
  • 【平均費用:330~400万円】

結婚式といえば!とイメージするなら、ホテルでの挙式でしょう。

チャペルで教会式を挙げたあとにホテル内の会場で披露宴を行い、希望であればそのまま二次会も行うことが出来ます。

1番予算は高めになってしまいますが、新郎新婦も参列者も満足のいくものになるでしょう。

へアイメイクからドレスのレンタルまで全てホテル側に用意されていて、設備も充実しています。

広い会場で音響や映像などを駆使した披露宴は、まさに豪華絢爛ですよ。

  • 神社(神前式)
  • 【平均費用:160~220万円】

神社を会場とし、白無垢など和装での結婚式は未だに根強い人気があります。

平均費用も安いことが特徴ですが、祝詞など神社の中で行う儀式は親しい身内しか参列出来ない場合もあります。

この場合友人などの参列者はその後の会食からの参加となるため、はじめから式を見せたい!という方には不向きかもしれません。

終始親しい身内のみで行う場合は、食事まで入れて50万円程度で執り行うことも出来ます。

  • レストラン
  • 【平均費用:250万~330万円】

ホテルなどで大々的に行うものよりも会場代が安いため、比較的低予算で行うことが出来ます。

料理の質も高く、アットホームな雰囲気が人気の理由のひとつになっています。

会場近くにチャペルがあれば教会式を行うことも可能で、一連の流れはホテルでの結婚式とあまり変わりはありません。

形式にとらわれない自由な結婚式が挙げられますよ。

デメリットとしては、控室が狭い、ヘアメイクなどの設備が整っていないなどが挙げられます。

また、年配の方のなかにはカジュアルさに良い印象を抱かない方もいるので、親や親族に相談してみましょう。

  • ゲストハウス
  • 【平均費用:180~290万円】

一軒家や戸建ての建物を貸し切って行うもので、プライベート空間のような結婚式を行うことができます。

演出も自由に決めることができ、コース料理はもちろん、プール付きの庭でのブッフェも人気がありますよ。

基本的に全ての流れを新郎新婦で決められますが、司会・挙式・衣装など全てが含まれたウエディング専用プランも多く用意されています。

  • 海外
  • 【平均費用:160~400万円】

費用の中には渡航費や宿泊代も含まれています。

場所やどんな演出をするかで費用は大きく変わりますが、例を挙げるならグアムは安め、ハワイは高めになります。

招待客側にも渡航費や宿泊代がかかるため、ご祝儀の辞退や費用の一部を負担するなど対応が必要になります。

結婚式代以外にもかかる費用が多い!

結婚式場から見積もりを出して払うもの以外にも、マナーやしきたりによってかかるお金があります。

これが地味に痛手となるため、事前にしっかり予算の中に組み込んでおくことを忘れないでくださいね。

  • 交通費(お車代)
  • 金額:半額~全額

遠方から足を運んでくれた参列者には、『お車代』としてお金を渡すことがマナーとなっています。

往復の交通費をあらかじめ計算して用意しましょう。

  • 宿泊費
  • 金額:半額~全額

当日中に帰宅することが出来ず宿泊が必要な場合、宿泊料金も新郎新婦が負担します。

ホテルで挙式を挙げる場合は、そのホテルに宿泊する場合に限り宿泊料が割引になるケースが多いですよ。

私が結婚式を挙げたホテルでは、新郎新婦の宿泊のために1部屋無料で宿泊出来るサービスがありました。

その部屋を参列者に提供し、自分たちは自宅に帰ることで、トータルの宿泊費の負担を軽減することが出来ましたよ。

  • 祝辞・乾杯の音頭
  • 金額:1万円~

乾杯の音頭や祝辞は、上司など目上の方にお願いするのが基本です。

お礼の金額も失礼のないような金額にしなけれればならないため、最低でも1万円を目安にするべき。

この2つのお礼で2万円もかかってしまうのは大きいですね…;;

  • 受付へのお礼
  • 金額:1人3,000~5,000円

受付をお願いする友人は、新郎新婦で各2名ずつです。

1人5千円をお礼として渡す場合、2万円の出費に…。

受付をお願いされた方は、他の参列者より早く会場入りしてスタッフと打ち合わせをしなければなりません。

その負担を考えると、あまりケチることが出来ませんね。

  • スピーチ・余興
  • 金額:2,000円~2万円

友人にお願いするスピーチや余興ですが、事前に準備をしてもらわなければなりませんね。

スピーチであればちょっとしたプレゼントや商品券でもOK。

余興はどの程度の時間と予算を使っているかにもよりますが、現金で2,000円からが相場です。

大人数での余興であれば、1,000円ほどのプレゼントでも良いでしょう。

私の場合プロに演奏をお願いしたので、数人のグループに対して5万円を支払いました。

  • 友人による司会
  • 金額:2~5万円

司会をお願いするとなると、入念な台本作りから打ち合わせが必要です。

また、当日は食事もとれません。

実際に式場側で用意された司会者にお願いすると6万円ほどかかるものです。

かなりの大役となるため、祝儀は辞退したうえで上記の金額を渡しましょう。

  • カメラマン
  • 金額:1~3万円

カメラマン役は常に立ちっぱなし動きっぱなしで、飲食をする暇がありません。

ご祝儀を辞退し、お礼として上記の金額を渡してください。

フィルムや現像費用は後日別途渡すべき。

最近では式場側のカメラマンを利用しない場合、ビデオカメラやデジカメなど専門的な撮影器具の持ち込みを禁止しているところもあります。

式場側に確認しておきましょう。

  • 装飾品の作成
  • 金額:2,000~2万円

ウェルカムボードやリングピロー、ブーケなど手作りのものを作成した方へは、材料費と製作時間に応じて品物かお金、または商品券を渡しましょう。

  • スタッフへのチップ
  • 金額:3,000~1万円

担当のプランナーさんや、着付け、へアイメイクを施してくれた人へチップを渡すこともあります。

強制ではありませんが、感謝の気持ちとして渡す人も多いようです。

数ヶ月前から何度も時間をともにしてきたプランナーさんへは1万円がベスト。

私が結婚式をしたときも、当日にチップを渡しましたよ。

ホテルで結婚式を挙げるときのリアルな明細

私はホテルで結婚式を挙げました。

そのときのリアルな明細を公開します!

このプランの場合、食事は1人16,200円のグレードの高いもので、引き出物は5,000円ほど。

お色直し2回で合計金額は410万円です。

招待する人数は合計113人で、高齢者や子供などご祝儀を貰えない人を抜いて計算しても、ご祝儀代は300万円ほどなので、110万円は負担しなければなりませんでした。

この他にもお礼やチップで10万円は予算に足しておかなければならないため、貯金が無いのであれば大幅な見直しが必要なのです。

結婚式代を支払うタイミング

結婚式場によって、費用を支払うタイミングが変わってきます。

このタイミングによって新郎新婦もいくら用意しておくべきかが変わるため、式場探しの段階からチェックしておきましょう。

予約時

結婚式の日取りが正式に決まった時点で、予約金や申込み金、保証料として約10万円を現金で支払います。

いわゆる頭金のようなものであるため、最終的にかかる金額からこの10万円が差し引かれます。

しかし現金で10万円の出費は大きいので、「次回の打ち合わせで支払いをお願いします。」と言われても慌てないよう、これだけは事前に貯めておかなければなりません。

結婚式前の場合

式場によっては、結婚式の前日までに全額を支払わなければならないところもあります。

支払い方法はプランナーに手渡しか振込みでの支払いが一般的。

後々ご祝儀でいくらかは返ってきますが、事前に用意する金額が高額になるため、支払いが厳しいと予想するのであれば後払いの式場を選ぶようにしてください。

事前に支払うことのメリットは、当日に着替えたらすぐに帰れること。

二次会が別会場でも時間のロスにはなりませんし、新郎新婦どちらもお酒に酔っても安心です。

結婚式後の場合

全ての演目が終わって参列者を見送ったあと、着替えを済ませてからご祝儀の精算をします。

ご祝儀から出すのであれば、別室で封筒を開け、金額を記帳しながらお金を計算しなければなりません。

ご祝儀と不足分を足して支払いを終えたら帰宅することが出来ます。

私の場合は後払いだったのですが、挙式と披露宴で体力の限界…。

その後開きづらい祝儀袋を地道に開封しては記帳し、お金を数えて…と1時間以上かかりました。

その間新郎は飲み過ぎて潰れていたため、機能せず。

二次会の会場へ行くのも相当遅くなり、到着したころにはやや場がしらけでいる状態でした;

ご祝儀払いにするなら、ご祝儀の計算をしてくれる人を何人か用意しないと大変な思いをしますよ!

貰えるご祝儀の相場

支払う金額をいくら負担しなければならないかは、ご祝儀にかかっています。

現在のご祝儀の相場は、以下の通りです。

 

  • 両親、近い親戚 1人5~10万円
  • 兄弟 3~10万円
  • 上司 3~5万万円
  • 友人 2~3万円

以前であれば、祝儀の最低金額は3万円でした。

しかし現在は2万円でも『ペア』という意味になるからと、マナー違反ではなくなったのです。

あまり親しくない友人は2万円を包む人もいるので、油断は禁物。

私の結婚式の参列者では「お金が無くてあとで払うから!」と1万円しか包まない人も居ましたよ…。

予算オーバーしないために気をつけるべきポイントは

見積もりを出したものの、かなりの予算オーバー…。

そうならないためにも、プランを練る段階で気をつけておくべきポイントがあります。

始めのアンケートで予算を盛らない

まず式場の見学や初めての打ち合わせを行うときに、結婚式の流れを大まかに決めるアンケートに答えます。

そのアンケートの設問にあるのが予算です。

大体何人くらいを招待して、総額はどれくらいで考えているのかによってプランナーから提案される内容も変わってくるため、ここで見栄をはらず少なめの予算を回答しておきましょう。

意外と無駄な演出がある

プランナーはさまざまな演出やプランを提案し、新郎新婦の希望を聞きます。

まずはやりたいと思った内容を全て組み込んだ総額の予算を出してくれるのですが、見直すと結構無駄な演出が多いんです!

一生に一度だし…とあれこれ詰め込んでいると、のちのち費用が払えない原因になってしまいますよ。

結婚式経験者から演出の体験談を聞いたりして、本当に必要か一度か考えなおしてみましょおう。

予算を抑えるならコレ!

もし予算がオーバーしてしまっても、費用を見直すにしても抑えられる部分と抑えられない部分があります。

さまざまな演出やプランの中から削ることが出来るものをご紹介しますね。

料理のランクを下げる

結婚式の費用でかさむのが料理の費用です。

式場ごとにいくつかランクが用意されていて、当たり前ですが高ければ高いほど豪華、安ければ安いほど質素になっていきます。

招待した人に満足してもらいたい気持ちはわかりますが、5,000円の差があれば100人招待すれば50万円も差がつきます。

費用が大きく変動するものなので、ワンランク下の食事にすることも検討してみましょう。

お色直しの回数を減らす

お色直しが1回増えれば、衣装のレンタル代だけでなく着付け・ヘアメイク代も増えていきます。

私の経験から言うと、お色直しは1回で十分!

限られた時間の中で入退場や着付けを繰り返していたら、主役の新郎新婦が会場にいる時間が少なくなってしまいます。

意外と体力も消耗するため、何度もお色直しをするのはあまりおすすめ出来ません。

プランナーさんによれば、最近では初めに着るウエディングドレスのままお色直しをしないケースも増えてきたようですよ。

ペーパーアイテムは自作で

ペーパーアイテムとは、招待状・席札・席次表・ゲストブックのことです。

それぞれの平均費用は以下の通り。

 

  • 招待状(×人数分)…300~千円
  • 席札(×人数分)…200~400円
  • 席次表(×人数分)…700~千円
  • ゲストブック(1冊)…3千円

全て式場側で用意してもらうとなると、費用は10万円を超えてしまいます。

ゲストブックは参列者が受付で氏名や住所を書くものなので専用のものが必要になりますが、その他のペーパーアイテムは自作することが出来ます。

パソコンとプリンターがあれば、あとは印刷する紙を用意するだけ。

手間はかかりますが、かなり費用を削ることが出来ますよ。

カメラマンなどの映像費用

映像による演出は、さまざまなものがあります。

  • プロフィールDVD作成…約2万円

新郎新婦の生い立ちをDVDにまとめたもの。

  • 挙式エンドロール…約8万円

式の様子を部分的に撮影して披露宴中に編集し、新郎新婦退場のときに流す。

  • 挙式、披露宴をDVDに残す…約20万円

教会式から披露宴を全てビデオカメラで撮影し、DVDに残すことが出来る。

  • スナップ写真…約5万円

映像では無く写真として式の様子を残すためのカメラマンの費用。あとでデータの中からアルバムに出来る。

式で流す映像は、自分で作ることが出来ます。

専用の動画編集ソフトを購入すれば費用を抑えられますよ。

また、式の様子を映像として残したとしたらどれくらいの頻度で見返すかを考えてみましょう。

結婚式当日は参列者の様子やお色直し中の様子を見ることが出来ないため、あとでゆっくり見るためにはおすすめです。

しかし頻繁に見るものではありませんし、参列者からたくさんの写メや動画を貰うことも出来るので、必ずあったほうがいいものとも限りません。

私の式場では、エンドロールの映像は教会式のシーンのみ。

BGM1曲分です。

披露宴の様子は写されていないのにこの金額は少し高く感じてしまいますね;;

プロが撮影・編集したもので感動的なものではありますが、自作したものに変更すると予算削減になりますよ。

その他細かな演出の見直し

その他にも、予算を削減出来る演出はたくさんあります。

それぞれの具体例を挙げてみました。

  • キャンドルサービス

各テーブルのキャンドルに火を付けてまわる演出。

最後に上座に用意された大きなキャンドルに天下しますが、キャンドルの種類によって費用は大きくかわります。

  • ウエディングケーキ(ケーキバイト)

いわゆるケーキ入刀のシーンで使われるウエディングケーキですが、現在では切る部分のみ小さなケーキを使用し、その他の部分は飾りになっているパターンもあります。

大きいウエディングケーキを用意するのは予算が膨らみますが、これならかなり削減出来ますよ。

食後に出されるケーキは別途用意されているため安心してください。

  • ウエイトドール

新婦から両親への手紙のあとに花束を渡すのが一般的ですが、その他にウエイトドールというものがあります。

ぬいぐるみが新郎新婦それぞれの出生体重になっていて、生まれたときの重さをリアルに思い出すことが出来る感動のプレゼント。

私はウエイトドールを注文しましたが、今となってはいらなかったかなと思います…。

約3キロあるため持ち運びが大変ですし、家に飾るにも場所をとってしまいます。

  • 装花

メインテーブル、来賓席、ウエディングケーキにそれぞれ花を飾り付けます。

これらにかかる費用は10万円近くなるため、少し減らしてもらうのもひとつの手段です。

あまりにも花が無いと質素に見えてしまうため、バルーンなど持ち込みのもので飾り付けるのもありかも。

結婚式の費用を払えなかったらどうなるのか?

見積もりを出して日取りも決まったものの、挙式代が足りずに払えない!という状況に陥った場合、払えずにいるとどうなってしまうのでしょうか。

延期や中止はキャンセル料がかかる

結婚式目前になってから資金不足に気づいても、もう手遅れです。

式のキャンセルや延期には、キャンセル料が発生してしまうのです。

期日が近くなるほどキャンセル料は高くなるため、結婚式を行わず祝儀ももらえないのに高額な費用を払うはめになりますよ。

【期日ごとのキャンセル料】

 

  • 挙式日から5ヶ月前…申込金(約10万円)
  • 挙式日から3ヶ月前…申込み金+見積もり金額の20%
  • 挙式日から2ヶ月前…申込み金+見積もり金額の30%
  • 挙式日から1ヶ月前…申込み金+見積もり金額の40%
  • 挙式日から10日前まで…申込み金+見積もり金額の45%+外注解約料
  • 挙式日前日まで…申込み金+見積もり金額の45%+外注解約料+生花や引き出物など納品された品物代
  • 挙式日当日…見積金額の100%

つまり、申込み金を支払った時点でいつキャンセルしようと大損してしまうということなのです!

キャンセル料が支払えずもめごとになり消費者センターに相談する方もいますが、ホテル側が損害を被っている以上消費者側の主張が認められるのは難しいようです。

キャンセルをするよりも費用を払えるように対策したほうが得策ですよ。

後日改めて支払いは不可能

結婚式後払いで支払う費用がどんなに高額でも、その日のうちに支払いを済ませなければなりません。

後日改めて支払いというのは不可能なケースが多いのです。

食事をしたのにお金を払わずお店を出ようとするのと同じ感覚で考えなくてはなりませんね。

私自身、担当プランナーさんに「もし当日お金が足りなかったらどうしたらいいんですか?」と聞いてみました。

すると、「その日のうちにATMで下ろすなどして絶対に支払って貰わなければいけないんです;;」という返答でしたよ。

結婚式の費用が払えないときの対処法

結婚式の費用が払えず、キャンセル料も支払えない…

そんなときは、なんとか費用を捻出しなければなりません。

この場合の対処法をいくつかご紹介します。

カードローンを利用する

カードローンの申請も、借り入れ理由に『結婚式』という項目があるほど結婚式のためにカードローンを利用する方は多いのです。

30日間であれば利息がかからないので、結婚式費用の前払いの場合は無利息期間内にご祝儀分を返済し、残りは分割で支払っていけば利息を抑えることが出来ますよ。

結婚式費用が後払いであれば、ご祝儀を差し引いた金額のみ借り入れれば良いだけ。

なので、結婚式目前で費用が足りない・・・という方にはカードローンのご利用をおすすめします。

最短即日融資が可能なカードローンは以下から確認できます!!

クレジットカード払い

クレジットカードでの支払いに対応している式場の場合のみ使用出来ます。

そもそもカードの限度額が見積もり分も無い方も、『一時的限度額増枠』という制度を利用出来る可能性があります。

冠婚葬祭によってまとまった資金を支払わなければならにときに使えるもので、申込みをすれば一定期間内の限度額が引き上げられます。

この期間内に結婚式の費用の支払いをすれば、一括で返すのも分割にするのも自分次第。

この期間はカード会社によって異なりますが、楽天であれば2ヶ月間であったり、申し込みから支払日の2週間前までの短期間であったりするため、一時的限度額増枠期間を結婚式費用の支払日に合わせましょう。

ポイント制度を採用しているカード会社であれば一気にポイントが貯まるため、お得ですよ。

ただし、クレジットカードでの支払いにはいくつかのデメリットもあります。

  1. 分割の場合は手数料(金利)がかかってしまう。
  2. カード手数料を式場が負担しなければならないため、クレジットカードの支払いには対応していない式場もある。
  3. 審査にはカード会社とプランナーを通して申し込みをするため、新郎新婦のどちらかに借金やローンがある場合は申告しなくてはならない。
    相手に秘密にしておきたい場合はバレてしまう恐れがあります。
  4. お礼やチップは現金で用意しなければならない。

これらのデメリットを踏まえ、クレジットカードでの支払いを検討しているのであれば事前に式場に確認してくださいね。

ブライダルローンを利用する

ブライダルローンとは、結婚式のために用意されたローンプランです。

銀行・ゆうちょ・農協・信用金庫・信用組合・労働金庫で利用することができる銀行カードローンのようなもので、資金使途は結婚式だけでなく指輪や新婚旅行費用に充てることも可能に。

式場と提携しているブライダルローン専門会社もありますが、公的な金融機関に比べて金利が高くなるので注意が必要です。

融資の申請には400万円以上の年収や一定以上の勤続年数が必要なことが多く、審査があるので通らない可能性も視野に入れておかなければなりません。

親に相談する

結婚式となれば、両親にとっても一大イベントです。

費用が不足していることを正直に伝えてみましょう。

こっそり子供の結婚式のために結婚資金を貯めていたという親御さんも少なくありません。

しかし、自分たちの結婚式であるからには親に迷惑をかけたくない人や、自己責任でという両親もいるようですね。

式場に知り合いが居ないか探してみる

これは私が利用した対策法です。

式場関係者に知り合いがいる場合、従業員割引が適応されるのです。

私は式場の外注カメラマンが親戚であったため、かなりの割引をしてもらうことが出来ました。

こちらの赤字で書いてある部分が、実際に割引された金額です。

なんと100万円以上も安くなりました!

貯金の無い私達は、この割引のおかげでご祝儀の範囲内で結婚式を挙げることが出来たのです。

ただし、多少の知り合い程度では割引することが出来ない可能性もあります。

親戚や仲のいい友人が居る場合はお願いしてみましょう。

まとめ:結婚式費用は後日払い不可能!プランの見直しか予算の対策を

結婚式費用が払えないからといって、支払いを待ってもらうことは出来ません。

見積もりの段階で予算オーバーしているのであれば、プランの見直しをして演出にかかかる費用を削ったり、自作して料金を抑えましょう。

それでも費用が足りない、妥協したくないという場合は、クレジットカード払いやブライダルローン、キャッシングなどで費用を捻出するしかありません。

人生で1度きりの華々しい結婚式だからこそ、後悔せず思い出に残るものにしたいものですね。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加