【不倫・浮気】慰謝料が払えない!状況別の解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不倫浮気慰謝料払えない

世の中の男女は、何とも全うな人生を歩むことなく、どこかで道を踏み外してしまうこともあります。

それが、感情的なものか、また、欲望のままか・・・。

しかし、不倫(浮気)の代償は高いです!

少し魔が差した・・・という所から離婚や高額な慰謝料請求などに繋がる事もあります。

もしもそうなってしまった場合に慰謝料を払えないとどうなってしまうのか??

ここでは、慰謝料が払えない時の状況別の解決策について解説したいと思います。
※払えない方が今すぐできる解決策はコチラ

早くなんとかしなきゃ…と考えている方のために、今すぐに現金を用意するおすすめの方法をご紹介します。

NO. 対処法 お手軽度
1 減額交渉をする ★★☆☆☆
2 分割で支払えないか相談する ★★★☆☆
3 即日融資可能なカードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめはアコムのカードローンです。

また初めての利用なら最大30日間金利0円1万円から利用可能です!


即日借入れもできる!カードローン第1位【アコム】


アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


人気のカードローン第2位【楽天銀行のカードローン】


楽天銀行のカードローンへの入会でもれなく楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる!

楽天銀行の口座をお持ちなら24時間いつでも借りたい金額を振込してくれます!もちろん夜中でもOK!

楽天銀行に口座がなくても、いつも利用している口座に振り込みも可能!コンビニATMからも利用可能!

必要書類もスマホで提出可能!誰にもバレずにお金を借りることができます。

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
即日融資 ×
収入証明書
職業 アルバイトもOK!
その他 提携先のコンビニなら利用手数料は「0円」!!

不倫(浮気)をした時に相手方から請求される慰謝料の意味

不倫は、不法行為のひとつと言われています。

また、不法行為によって、相手に損害が生じた場合は、その賠償を行う方法として挙げられることが金銭の支払いによるものであることが、すでに法律で定められているのです。

当然、人には感情があります。

信頼していた配偶者に裏切られた時の心情は計り知れないほど辛く悲しく、心の傷として一生背負っていかなければなりません。

そして、その不貞行為により、夫婦関係が壊れてしまい、修復不可能となったり、不倫された側が受けた心の傷は相当に深いものであることから、一生涯癒すことは不可能であると考えられています。

その為、不倫をした配偶者と、その不倫相手を相手取り、浮気された方が受けた精神的苦痛を、金銭(「慰謝料」)という形で賠償してもらう他ないということになるのです。

これは、

【民法722条(損害賠償の方法及び過失相殺)】
第417条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。

被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

【民法417条(損害賠償の方法)】
損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

として、法律上定められている為、全てその制裁を受け入れる必要があるのです。

よって、法律上で不倫関係を解決する方法は、不倫相手が精神的に受けた心の傷の分だけ(損害)を、金銭に換算し、慰謝料として払ってもらうというものです。

ここで注意したいことは、不倫関係にあったことに対して慰謝料請求を行いますが、不倫された側の本心は、慰謝料を請求することでも受領することでもありません。

不倫相手となった女性(男性)に対し、慰謝料として金銭を負担させることで、懲罰を与えることが目的であるという考え方もできるのです。

中には、慰謝料で解決することを望まないという方もいらっしゃいます。

金銭で解決よりも、不倫を行ったことがどれほどの責任であったかを、誠心誠意謝罪してもらいたいことが目的であるという方も存在するのです。

この場合は、不倫を行った配偶者、その相手、浮気された側が三者面談で話し合うことで、示談に向けて慰謝料の支払いをなしとする方法で解決させるというケースもあります。

さらに、不倫をしたという事実に対してどれほど誠実な対応を行うか、今後の行動、言動についての謝罪文を請求したり、今後の生活において、再度同じことを繰り返すことがないよう、誓約書を請求する場合もあります。

この時、配偶者はもちろん、不倫相手にも、相当高いハードルを設定させることになります。

様々な方法や考え方もありますが、実際にとり行われる方法としては、不倫に対する賠償責任については、通常、金銭(慰謝料)としての支払いが基本となっています。

慰謝料の相場は?「状況別のパターン」

不倫を行った場合、配偶者、そして不倫相手に対し、慰謝料請求を行うことができます。

一般的に不倫行為による慰謝料請求の金額としては、50~300万円と言われています。

また、不倫を行った場合の慰謝料の相場については、不倫を行った状況別のパターンによって、慰謝料の相場が異なります。

ここでは、状況別によっての慰謝料の相場について解説します。

【別居や離婚とまで至らなかった場合】

  • 50~100万円

【不倫によって別居や離婚となった場合】

  • 200~300万円

上記については、一般的な状況別の相場となりますが、不倫の状況や程度によっては、これよりも高額なケースで慰謝料を支払う可能性もあります。

慰謝料については、あくまで「相場」という考え方です。

その為、不倫によって生じる慰謝料についての明確な基準はあるようでないと言うことにもなります。

慰謝料が払えないとどうなる?

慰謝料請求された場合でも、その慰謝料の金額が高額すぎたことで支払いが困難だという場合は、慰謝料の減額の他、分割払いの交渉を行います。

相手を償う気持ちを持っていても、生活の状況から支払いができないということもあるでしょう。

また、年収が高額な方ばかりとも限りません。

しかし、支払いを行わず、支払いが滞ることで相手に不快感を与えてしまいます。

さらには、慰謝料を支払わないとなれば、その後は最悪のケースになることもあります。

支払いを行わない場合は強制執行ができる

慰謝料の支払いを行わず、そのままで放置している期間が長くなると、内容証明により、支払督促が加害者側に届くようになります。

それに応じることなく過ごしていると、次は法的手段に移り、強制的に加害者の財産が差し押さえをされてしまいます。

実際に差し押さえられるものの対象としては、毎月の給料、そして、預金、また、車や家といった不動産にその効力が及びます。

強制執行を行う為には、裁判所の命令がなければいけません。

離婚の際、後に支払いが滞った場合でも、「強制執行認諾約款付公正証書」を作成しておけば、裁判所の命令がなくても強制執行を行うことができます。

とは言え、差し押さえは現金や預金、財産に対してのみとなり、生活用品にまで及びません。

また、借金をしてまで支払うことも実際には要求できません。

しかし「払えない」ということには問題があります。

その為、中には借入をしてまで慰謝料を支払う方もいます。

強制執行で差し押さえられるものは、

 

  • 不動産
  • 準不動産
  • 動産
  • 給与や退職金
  • その他の財産

とされます。

差し押さえについては、まず相手の給料の差し押さえがよく行われていることです。

割合としては、手取り額の4分の1までの差し押さえとなります。

強制執行により差し押さえを行った物が現金以外である場合は、裁判所の執行官が調査を行った後、競売にかける手続きを行います。

競売にかける場合、実際の相場価格よりも低く見積もられてしまうことになります。

請求された慰謝料が払えない時の具体的な解決策

自分が法に触れる重大な過ちを犯してしまったという事は事実ですが、不倫相手に請求された慰謝料が払えない、という場合は、どのように対処すればよいでしょう。

どうにかして払ってもらいたいけれど、相手が支払えないと言う時は、一体どうすれば良い解決策となるのか調べてみました。

減額交渉をする

慰謝料を請求された場合、請求された金額のまま素直に支払う方もいますが、実際には相手の要求のままの金額で支払う必要はありません。

なぜなら、慰謝料はあくまで相場として請求されていたり、それを上回る金額で請求されていることもあるからです。

その為、請求されている金額があまりに高額であると感じる場合は、減額交渉を行いましょう。

被害を受けた側の精神的苦痛は、その方の気持ちを金額で表してくることが多く、それでも罪の意識を持ち、誠心誠意謝罪を行うことで、減額に応じてもらえる可能性もあります。

また、請求される金額が、支払う側の経済的能力を超えた金額であることを理解してもらうことができれば、減額に応じてもらえることが多いと言われています。

この時、当人同士で話し合いを持っても、感情的になるばかりである為、できれば代理人や調停委員に委ねる方がスムーズな交渉が可能となる場合が多いです。

分割で支払えないか?相談をする

慰謝料は、分割払いで行うこともできます。

しかし、分割払いに応じることで、長期に相手との関係を持たなければならない為、一般的には慰謝料については一括支払いを求めるのが妥当です。

もちろん、それもその方の経済力によります。

もしもすぐに決まった慰謝料額を準備できない場合は、分割払いの交渉に応じてもらう他ありません。

売れる物を売ってお金を作る

慰謝料の支払いを行うには預金もないという場合、どのような方法で支払いを行えばよいか困る方も中にいることでしょう。

その場合は、車や貴金属といった、まとまったお金になりそうなものを売却して慰謝料に充てる他ありません。

そこまでしなくてはならないほど、不倫の代償は大きいものであると言えます。

カードローンを利用して一括で払ってしまう

不動産や準不動産、動産といった、財産が何もないという場合、たちまち慰謝料の支払いに困ることは間違いありません。

それでも、被害を受けた側としては、慰謝料の支払いを請求してきます。

その場合、長丁場にこの関係を続けることは、相方にとっても精神的なストレスとなり、健康被害を被っては大変です。

その為、中にはカードローンを利用して、慰謝料の金額分を借りてでも、一括で支払いをすませてしまうという方もいます。

弁護士に相談するのもあり

先程も言いましたが慰謝料の請求金額は相場よりも高い場合が多いです。

こういった場合弁護士に相談する事によって、弁護士費用を考えてもトータルで断然費用が軽減される事があります。

相手からの請求額に疑問を感じる場合は、まず弁護士に相談してみるのがいいです。

この記事のまとめ

慰謝料が払えない場合の状況別解決策について解説してきました。

離婚の慰謝料は、状況によっては相場が100~300万円とどうしても高額になります。

しっかりと貯蓄を行っている場合は、一括で払うことができるかもしれません。

しかし、全ての人がそのようなことに対応できるという訳ではありません。

それでも、払えないのではなく、払う気がないというような場合でも、最終手段を駆使することで、きちんと回収する姿勢が大切です。

離婚の被害者となり、心に大きな傷を負った以上、きちんと慰謝料を支払ってもらいましょう。

The following two tabs change content below.
払えない旦那
払えない旦那
払えない物がありすぎて督促状に怯える毎日だったが最近では督促状を見ても「あ~これまた来たか」という感じでメンタルが強化されてきた今日この頃。せっかく払えないものがたくさんあるんだから人生に一度くらい誰かの役に立てばと!と思い自身の払えなかった体験談などを書くので是非参考にしてほしい。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

ネットで契約まで完了できるため、誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要

【2位】楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンを契約するだけで楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる!

楽天銀行の口座をお持ちなら24時間いつでも借りたい金額を"即時"振込してくれます!もちろん夜中でもOK!

楽天銀行に口座がなくても、いつも利用している口座に振り込みも可能!コンビニのATMからも利用可能!

必要書類もスマホで提出可能!誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
即日融資 ×
職業 アルバイトもOK!
その他 提携先のコンビニなら利用手数料は「0円」!!
【3位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットや提携ATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

カードレスでアプリを使ってセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※1
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
※1:平日の14時までの申込と本人確認書類の完了で最短即日融資が可能。審査により希望に沿えない場合があります。
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加