差額ベッド代が払えない!患者と病院側でトラブル急増中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
差額ベット代払えない

病気やケガなどで入院する事になった時に、

 

  • 大部屋は嫌だ・・・
  • 快適な入院生活がしたい!

そんな人が利用するのが個室(特別療養環境室)です。

個室は大部屋と違い、特別療養環境室料というのがかかってきます。

これがとても高額な費用がかかり、保険が適応されないので全額負担となります。

なので、基本的に経済的に裕福な人が入院時に個室を利用する事が多いです。

しかし、この後でもお話しますが、空き部屋がないから!と個室を利用させ、患者に差額ベット代(特別療養環境室)を請求するなんていう事もあります。

当然、こういった事で患者側と病院側でトラブルになる事も少なくありません。

このページでは、差額ベットに関してよくあるトラブルや、解決策について詳しく解説をしていきます。
※お急ぎの方はコチラ

差額ベッド代はいくらかかる?相場は?

まず気になるのは医療機関における特別室的な差額ベッド代がどの程度かかるのかといったところでしょう。

通常の入院が必要な時なのはベッドに空きがあればいわゆる6人以上の大部屋に通されることが多くなっています。

しかし1人部屋~4人部屋は設備や環境も良く、ある程度プライバシーも確保されているので、人気があります。

そういった個室に通される場合には、大部屋に比べて、いくらかの負担費用が発生します。

これが差額ベッド代と呼ばれるものなのです。

差額ベッド代が必要な1人部屋~4人部屋のことは、正式名称として「特別療養環境室」と呼ばれます。

差額ベッド代が発生する基準としては、

 

  1. 1病室が4床以下
  2. 一人当たりの面積が6.4平方メートル以上
  3. ベッドごとにプライバシーが確保される設備がある
  4. 個人用の私物を置ける場所が証明そして机や椅子が置いてあ

といった基準を満たしているものになります。

大部屋と比べて費用負担が違ってくるのかと言うと、厚生労働省が表した数字では、

 

  • 一人部屋では7828円
  • 二人部屋では3108円
  • 3人~4人部屋でも2500円程度

となっています。

全体の平均の数字を見ると、1人部屋に入院することを望む人も多いので、

一日6000円前後ということです。

もし一か月入院をしてしまえば30日×6000円で18万円の負担になります。

ただでさえ、手術などで負担が増えている場合は、差額ベッド代は家計に重くのしかかってくることでしょう。

差額ベッド代は患者が「特別療養環境室」の利用を希望した場合のみ払う必要がある

しかし、差額ベッド代は全てのケースで発生するわけではありません。

基本的に患者本人が「特別療養環境室」を利用したいという時にのみ、差額ベッド代(特別療養環境室料)が発生するのです。

患者が特別療養環境室の利用を望まないのに、やむを得ず利用した、と行くときには差額ベッド代を支払う必要はありません。

ただ入院費用の知識がないと、焦っているときであればホイホイと印鑑を押して商品してしまうこともあるでしょう。

そして退院時に多額の費用を請求されるので問題になっているのです。

差額ベッド代について患者と病院側でよくあるトラブル

また病院側が収入を増やそうと入院患者によく説明を行わずに、差額ベッド代が必要な病室の利用を推し進めたり、請求をしたりする事態も頻発しています。

患者本人が承諾をしないことはもちろんですが、関係者である肉親も承諾をしないように知識を持っておきましょう。

また以下の例に該当すれば、差額ベッド代が必要な病室を利用しても、支払の義務は発生しません。

 

  • 病気や治療の管理の必要性で、他の患者と隔離しなければいけない時
  • 病院側の都合で大部屋ではなく個室を利用しなければいけない時

差額ベッド代は病院側には大きな収入になります。

しかし設置は全ベッド数の半分以下と決められているので、一定の大部屋ベッドはあるはずです。

最初に必ず確認するようにしましょう。

差額ベッド代は高額療養費制度の対象外

日本の医療保険には高額療養費制度というものがあり、あまりにも高額な医療費がかかった場合は一定の条件の金額までしか支払わなくてもいいというシステムになっています。

公的医療保険における高額療養費制度の上限としては、収入が多い人でも毎月の医療費は最大で14万円ほどになっているのです。

しかしこの制度が適用される医療行為も、一定の制限があるために全ての医療費が毎月一定額まで抑えられるというわけでもないのです。

がん治療などの先進医療ではこの制度は利用できないことも多くなっています。

そして残念ながら特別療養環境室料である差額ベッド代も、この高額療養費制度の対象外となっているのです。

一人用の個室に入院したとして、月20万円の特別療養環境室料としての差額ベッド代料金が発生した場合でも、高額療養費制度を利用できずにそのまま発生した費用を保険医療機関に料金として支払わなくてはいけないのです。

差額ベッド代は医療費控除の対象になるか?

保険医療機関における医療費がかかりすぎてしまった場合の対策として、患者側には医療費控除という制度もあります。

これは年間10万円を超える医療費が発生した場合、収入に応じて、医療費の何パーセントが患者側に戻ってくるというシステムになっています。

収入にもよりますが、例えば一年間で50万円の医療費が発生したとき、10万円を引いた40万円から、30%をかけて戻ってくる数字を出すことが出来ます。

係数が30%ならば、所得税や住民税の支払いから12万円が戻ってきます。

この制度を利用できれば医療費負担も軽減されるのですが、これも利用できる場合と利用できない場合があるのです。

医療費控除の対象とならないケース

差額ベッド代で医療費控除の対象とならないケースは、入院患者自身が必然性もない状態で差額ベッド代が必要な部屋に入ることを望んだケースになります。

これは自分から直接希望を出しただけではなく、病院側の出した同意書に対してサインをしてしまった場合も、自らの意思で差額ベッド代が必要な部屋に入院したとみなされてしまうことに注意をしましょう。

医療費控除の対象となるケース

医療費控除の対象となるケースは 税務署の指南によると、例えば入院時に大部屋に空きがなく、やむを得ず個室に入院をした、また治療時の都合で個室でないと治療が難しかったり、他の患者へ疾病拡散の可能性があるので、個室に入院をする必然性があったというケースになります。

自分で同意をせずに個室に入院をしていたという場合は、医療費控除の対象となり確定申告を行えばお金が返ってくることが多いのです。

結局のところ差額ベッド代が医療費控除の対象とならなかったり、高額療養費制度を利用できなかったりするのは、こういった国による医療の保険制度は「必要な最低限の治療のみを保証するということに基づいているからです。

入院が必要な場合に、一人部屋でも6人部屋でも治療行為自体には変わりありません。

一人部屋に入院をするということは。お金をかけても設備が整った環境で入院生活を贈ることを患者自身が望んだということであり、一種の贅沢と考えられるのです。

そして、そこまで国として支援する必要ないということ考え方が根底にあるのです。

逆に医療行為を行う過程で、1人部屋が必要であった場合は必然性のある出費として、差額ベッド代に対して医療を控除が利用できて、仕払わなくても済むケースがあるのです。

差額ベッド代を請求されていて払えない場合の対処法

やむを得ない事情であれば差額ベッド代を支払わなくてもいいということはわかってきましたが、 一般的に入院は大変緊急を要する状態であり、本人も家族も冷静な判断ができないこともあるでしょう。

その時の判断を元に差額ベッド代を請求されても、ないお金は支払えないということもあるかもしれません。 そこで差額ベッド代が払えない時の具体的な対応を見ていきましょう。

患者が「特別療養環境室」の利用を希望していないのに差額ベッド代を請求された場合

まず患者自身が特別療養環境室を希望してないのに個室での入院が行われ、退院時に差額ベッド代が請求された場合、これは支払う必要はありません。

支払う必要がないということをきちんと訴えて病院側に確認をしてもらうようにしましょう。

看護師や医師では話を理解していないことも多いので、事務方の人間に話しをすると良いです。

保険に加入している場合は「各都道府県の保険事務所」に相談をする

普通に勤務をしていて社会保険に加入をしている人は、都道府県にそれぞれ設置されている、地方社会保険事務所に相談をしてみましょう。

一方で会社などで勤務をしておらず、国民健康保険に加入している場合は「都道府県の国民健康保険課」が相談先になります。

いずれも保険加入者のトラブルや悩みには親身になって対応してくれるので、迷わず相談に赴くようにしましょう。

厚生局に相談する

それでも解決が難しいという場合は、関東、関西などそれぞれのエリアに一つは「厚生局」という、厚生労働省の地方支部支局ともいえる機関が設けられているので、そこの相談窓口に相談することを考えましょう。

入院時に差額ベッド代で支払いトラブルがあった場合は、地方厚生局に相談をすれば、頻発をしているトラブルだけに、解決に関して力を貸してくれるでしょう。

きちんと入院の際の経緯を話して、自分の承認はあったのか、説明はあったのかを窓口に話していきます。

そして地方厚生局の誰から、対応策について話があったのかをメモしておき、病院側に対しては「この厚生局の○○さんに話を聞きました」と伝えていけば、病院側も厚生局に問い合わせて、支払い義務の確認を行ってくれるでしょう。

高額医療費などについても相談をすることが出来ます。

医療機関関係を利用する時は、普段なれないことが多く、また身内であればあるほど申告な状態では焦ってしまう人が多いので、医療保険制度の利用に関しても中々冷静な判断ができないこともあります。

そういった人の精神状態に大学病院などの医療機関が漬け込む、というわけではないのですが、病棟管理の関係や病院都合で勝手に判断されてしまうなんてことも・・・。

入院保険の治療費や保険診療費などは、普通の人にとってはブラックボックスのようなものに感じられることもあります。

保険料の限度額や、どんなものが適用外になるのかを事前からよく調べておき、身内が救急患者になった時でも焦ることがないようにしましょう。

また生命保険の適用についても、入院日数や利用した医療制度など自己の選択によっても最終的な自己負担額は代わってきますし、その後の保障も手厚い時、手厚くない時と分かれてしまいます。

健康保険適用はそれだけでは不足を感じることも多いので、いざという時の為に高齢になるほど手厚い保険に加入するようにしましょう。

この記事のまとめ

差額ベッド代は、入院時の最も大きな負担ともなりかねる出費です。

ただでさえ保険に入っていたとしても、人間は入院をすると精神的に弱りますし、仕事に対する不安も出てくるので、経済的な不安も大きくなるでしょう。

そんな時に下手をしたら借金になりかねない差額ベッド代の出費は避けて、退院後の生活を穏やかなものにしたいです。

そのため、入院時の確認と、望まない差額ベッド代の請求は毅然とした対応で、断れるようにしておきましょう。

The following two tabs change content below.
払えない旦那
払えない旦那
払えない物がありすぎて督促状に怯える毎日だったが最近では督促状を見ても「あ~これまた来たか」という感じでメンタルが強化されてきた今日この頃。せっかく払えないものがたくさんあるんだから人生に一度くらい誰かの役に立てばと!と思い自身の払えなかった体験談などを書くので是非参考にしてほしい。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加