【ドコモ】携帯代が払えない!利用料金滞納に潜む恐怖と解決法

「今月もまた支払い遅れた…」
「このまま料金を滞納し続けたらどうなるの!?」

支払いに遅れると、引落日の約20日後には利用停止になります!

たかが「携帯代だから」と甘くみている人は多いですが、支払いを滞納すると下記のような危険があります。

・回線が停止し、そのまま放置すると強制解約

・今後携帯電話の契約ができなくなる

強制解約されると、その履歴が残り今後クレジットカードの契約や住宅ローンなども組めなくなってしまいます

また、仕事においては携帯が使えないことで信用面にも大きく影響します。

後悔する前に手元にお金を用意して払ってしまいましょう!

※お急ぎの方におすすめの対処法はコチラ

早くなんとかしなきゃ…と考えている方のために、今すぐに現金を用意するおすすめの方法をご紹介します。

NO. 対処法 簡易度
1 物を売ってお金にする ★★☆☆☆
2 親や友人に相談してお金を借りる ★★★☆☆
3 即日借入れ可能なカードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめはアコムのカードローンです!
最短で30分審査・即日借入れできます。

1万円からの少額でも借入れができ、初めての利用なら最大30日間金利0円です!

~アコムがおすすめな理由~
  • 24時間365日申込み可能で、夜中でもOK!
  • 審査は最短30分回答で、早ければその日に借りれる
  • ネットで契約まで完了するから誰にもバレない!
  • アコムは20代の利用者が高い割合を占め、どの世代の人でも安心して利用できる
どうしても払えない…という方は、この記事の私の体験談を参考にしてみてください。

ドコモの支払日から利用停止までの流れ

まず、通常の料金の支払日から強制解約までの段階を詳しくご説明します。

普段の利用料金の支払いは、あえて督促の手紙が来てからという方が以外と多いのです。

しかし、この考えはすでに延滞ブラックに近づいていますよ!
 

支払い日一覧表

3月1日~31利用分の場合

通常引き落とし 4月30~31日(土日の場合は翌営業日)
再引き落とし 4月15日
督促状が届く 4月18日
利用停止 4月21日
強制解約 6月30日以降

第一段階:通常支払い

ドコモは、基本的に1か月の利用料金が翌月の10日~16日の間に請求情報が確定します。(3月1日~31日まで利用した料金は4月10日以降に請求金額が通知される)

基本的な支払方法は、口座引き落としかクレジットカードのどちらか。

口座引き落としは基本的に末日であり、土曜日や日曜日に当たる場合は翌営業日の引き落としになります。(3月1日~31日まで利用した料金は4月末日に引き落とし)

第二段階:メール、再引き落とし

末日の段階で引き落としが不可能であった場合、「口座引き落としが出来なかった」「期日までに支払わないと利用停止になる」という内容のメールが届きます。

ドコモ払えない

※画像は2011年に送られてきたもの

再引き落としは基本的に翌月の15日。(4月末に引き落としが出来なければ5月15日に再引き落とし)

他のキャリアでは再引き落としが無いため、信用情報を守るためには1回の引き落とし日を守らなくてはなりません。

しかし、ドコモは2回目の引き落としに間に合えば信用情報に関わることは無いので、挽回のチャンスを設けてくれているのです。

第三段階:督促状

再引き落としにも支払いが間に合わないとなると3日ほどで督促状が送られてくるので、期日までに必ず支払うようにしましょう。

ちなみに、引き落とし日に支払いが無かった時点で信用情報はブラック寄りになってしまっています;;

督促状が来てからの支払い方法は以下の通り

  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • モバイルバンキング、ネットバンキング

3つ目のモバイルバンキングやネットバンキングは、iモードかパソコンを使ってネット上に開設した口座から支払うことが出来るというものです。

利用停止になってからはパソコンを使うかWi-Fiがあるところでないとiモードが使えないため注意が必要になります。

第四段階:利用停止

督促状に記載されている利用停止日までに支払えなかった場合、その日の朝方くらいに回線が停止されます。

本来の口座引き落とし日の翌月21日前後に利用停止になることが多く、再引き落としが設けられてる分督促状が届いてから利用停止までの期間が短くなっています。

第五段階:強制解約

ドコモの場合月末の口座引き落とし期限から2か月が経過すると、強制解約となります。(例えば3月1日~3月31日までに利用した分の口座引き落としは4月30日引き落とし、5月25日頃利用停止、6月25日以降強制解約)

強制解約になるまでに何度か督促状が届きますので、やむを得ず利用停止になってしまった場合でも強制解約だけは絶対に回避してください。

この時点で2か月分の請求を滞納していることになりますが、1か月分だけでも支払うことで強制解約を免れることが出来ます。

ただし回線停止状態に変わりはないので注意してくださいね。

携帯料金が払えないことで起こるデメリット

利用料金を滞納してしまうと、困るのはスマホが使えないということだけでは無いんです!

目先の苦労より、後々大きな後悔になってしまいますよ!

回線停止になりスマホが使えない

最終通告書が来てから支払日までに利用料金を払わないと、一時的に回線が停止されます。

これは料金を払うことで回線を再開させることが出来ますが、それまでの間スマホが使えないのはかなり不便ですよね。

実際にドコモで利用停止になった後の状態をまとめました。

利用停止になってから出来ること・出来ないこと
Wi-Fi有り Wi-Fi無し
着信 × ×
発信 × ×
緊急連絡(119、110) × ×
LINE・Skype・Facebook ×
インターネット ×

ソフトバンクは電話を受けることが出来ますが、ドコモはそれさえも出来ません。

さらに、電話をかけてきた相手に「この電話番号は、お客様のご都合により通話が出来なくなっております。」と利用停止になっている状況がバレバレの恥ずかしいアナウンスが流れてしまうんです!

10万円を超える端末は分割購入が出来ない

毎回督促が来てからでも期日内に支払えば利用停止は免れるものの、「口座から引き落としが出来ない」というだけで信用情報に傷がついてしまっているのです。

私はいつも督促状が来てから利用停止日ギリギリに支払いをすることが多かったのですが、先日ケータイの故障で急遽機種変更に行ったところ、希望の機種が契約出来ませんでした。

過去に何度も滞納・利用停止になっていましたし、数年前に他のキャリアを強制解約になった経験もあったため、審査が通らないのではないかという不安はありました。

結果、やはり10万円を超える機種は契約出来ず…;;

店員さんが持つ契約を行うためのタブレット端末に、赤枠で“10万円以下の機種にしてください”というようようなことが書かれていて恥をかきました;

ケータイショップの店員さんの情報によると、毎回口座引き落としが不可能である方は信用情報に傷が付いているそうなのです。

機種代が10万円を超えると、通常の審査よりももっと細かな支払履歴をもとにした情報も見られているため、かなり信頼できる人物でないと契約が難しいようです。

現在は端末料金が高いものばかりなので、スムーズに希望の機種に変えたいという方は口座にお金を入れておき、確実に引き落としが出来るようにしておかなければなりませんよ。

滞納状態だと機種変更が出来ない

機種変更をするときに、支払い状況を見られます。

1か月分だけでも口座引き落としが出来ておらず、督促が来ていればそちらの支払いをしてからでないと機種変更が出来ません。

機種変更のためにショップに行った際、最初の段階として「滞納している支払いは無いか」をチェックされました。

過去数か月の支払い状態を見られるのですが、私は案の定督促の手紙が来ている状態。

店員さんに、「滞納状態になっている支払いがあるので、機種変更のための契約が却下される可能性がかなり高いです。一度支払いを済ませていただけませんか?」ということを言われてしまいました…。

支払って数時間後には、支払い状況が“滞納”から“通常”に更新されます。

利用料金を滞納しているけどすぐに機種変更したい!という方は、残念ながら利用料金の支払いが最優先ですよ。

ローン、クレジットカードの新規契約がほぼ不可能

月々の支払による機種の分割購入は、ローンを組んでいるということ。

ローンの支払いが遅れると、信用情報に傷が付くのは免れることは出来ません。

端末代を延滞したという情報はJICCやCICに記録されるため、後々のクレジットカードの契約や、車や住宅ローンの契約にも関わってしまう恐れがあるんです。

延滞利息や手数料がかかる

ドコモは、2015年12月から督促状からの支払いの場合振込手数料が発生することになりました。

金額は200円程ですが、毎回コンビニ支払いとなると積み重なった金額は大きくなってしまいますよね。

また、支払い期限の翌日から延滞料金や遅延損害金が発生してしまうのです!

利用料金に対しては年率14.5%、端末分割支払金に対しては6%がかかってしまいます。

滞納の期間によっては、利用料金とは別に500円を超えるお金を払わなければならなくなってしまうんですよ!

最終段階の強制解約になったらどうなる?

強制解約になると、信用情報はブラックになってしまったと言っても過言ではないでしょう。
 
最終段階の強制解約までいくと、取り返しのつかない状態に陥ってしまうんです!

ケータイの新規契約が出来ない

ドコモで強制解約になったら、他のキャリアに乗り換えればいいや♪というのは安易な考え。

滞納で強制解約になったという事実は信用情報機関に記録され、他のキャリアとも共有されてしまうのです。

例えば、あなたは友人にお金を借りて全く返さない人にお金を貸しますか?かなり警戒して、貸さない人の方が多いと思います。

これはケータイ会社にも共通することで、端末の料金や利用利用料金を支払わないとわかっている人とは契約してくれません。

ローン契約、クレジットカードの新規契約は“不可能”

信用情報が重視されるようなお金が絡んだ契約は、ほとんどの場合契約が出来ません。

さらに、クレジットカードの更新もストップされ、キャッシングも打ち切りになることがあるのです。

5年間は端末の分割購入が出来ない

口座引き落としが出来ない状態が続くと、10万円以上の端末の分割購入が出来なくなりますが、強制解約の場合は5年もの間分割購入すら出来ません。

急にスマホが壊れたときでも、一括購入でしか契約することが出来ないのです。

携帯料金が払えないが為に5年以上、クレジットカードなどローンが一切組めなくなってもいいですか?

今ならまだ間に合うので、手元にお金がないならばカードローンなどを利用して早急に支払う事をおすすめします!

強制解約になっても放置しておくと、裁判や差し押さえに

強制解約になってからも何度か支払いを促す内容と、このままでは裁判所に訴えるということが書かれた手紙が届きます。

それすらも無視していると簡易裁判所から支払い督促が送られてくるのです。

届いてから2週間以内に異議申し立てをすれば、分割での支払いを求めることが出来ます。

しかし、よっぽどの理由でない限りは認めてくれないため、異議申し立ては諦めた方が良いでしょう。

ここで支払えないとなると、ドコモに財産差し押さえの権利が認められることになります。

差し押さえって脅しでしょう?と思うかもしれませんが、口座や車、家電など本当に差し押さえられたケースもあるので、甘く見てはいけませんよ!

docomoの携帯代が払えない時の解決策

ここからはdocomoの携帯代が払えない時の解決策について解説をしていきます。

50万円以下の少額な支払いならカードローンで乗り切る事もできます

給料日前などの金欠時「今月はドコモの支払日に払えなそうだ」という時点であれば、キャッシングなどを利用してみるのも手です。

50万円以下の融資希望であれば審査は最短で30分ですし、毎月の返済も数千円単位からOKです。

カードローンは種類がたくさんあるので、金利や利便性などを比較して選ぶと自分に合った会社が見つかりますよ!

お急ぎの方にはアコムがおすすめ

お急ぎの方には、下記の点でアコムがおすすめです。

 

  • 最短30分回答で、早ければその日に借りられる!
  • 初めての利用なら最大30日間金利0円!
  • 1万円からの少額でも借入れでき、月々の返済も数千円単位から可能!
  • ネットで完結できるから、誰にもバレずに借入れできる!
  • アコムは20代の利用者が高い割合を占め、どの世代の人でも安心して利用できる

既にカードローンを利用されている方は楽天銀行のカードローンがおすすめ

既にカードローンを利用されている方は、そのまま返済を続けると損する可能性があります。

実は借入先を見直すことで金利が下がり、返済額が予定より少なく済む場合があるんです。

楽天銀行のカードローンでまとまったお金を借りてから返済することで、数万円お得になるかもしれません!

【おすすめポイント】

  • アルバイトの方でもOK!
  • スマホで申込みが完結するので煩わしい書類の記入不要!
  • 入会だけで楽天ポイント1000ポイントプレゼント!
  • 楽天会員の方はログインするだけで申込み可能!
  • いつも利用している口座で利用OK!また、楽天銀行の口座へは24時間即時に振込み可能!
  • 全国のATMで利用OK!身近なコンビニATMでも可能!

物を売ってお金にする

滞納している携帯料金の金額にもよりますが、数万円の滞納額であれば、自身の身の回りの物を売ってお金にして支払う事ができるかもしれません。

どうせ売っても大した金額にならないでしょ?と思う物でも実際は高く売却できる可能性があります。

高く売れる物や売る方法については、別記事にて詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

今後は格安SIMの利用で携帯料金の支払いに困らない

携帯代節約格安sim

毎月の高額な携帯代を今後も一生払っていくのはバカバカしくないですか?

格安SIMを利用すれば、今使っているスマホ(端末)・電話番号がそのままで、

月々の携帯代を約2000円程度に抑える事ができます。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

ネットで契約まで完了できるため、誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要

【2位】楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンを契約するだけで楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる!

楽天銀行の口座をお持ちなら24時間いつでも借りたい金額を"即時"振込してくれます!もちろん夜中でもOK!

楽天銀行に口座がなくても、いつも利用している口座に振り込みも可能!コンビニのATMからも利用可能!

必要書類もスマホで提出可能!誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
即日融資 ×
職業 アルバイトもOK!
その他 提携先のコンビニなら利用手数料は「0円」!!
【3位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットや提携ATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

カードレスでアプリを使ってセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※1
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
※1:平日の14時までの申込と本人確認書類の完了で最短即日融資が可能。審査により希望に沿えない場合があります。
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。