出産費用が払えない|出産育児一時金等ではお金が足りない時の解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出産費用払えない

「出産」は、人生のなかの一大行事のうちの1つです。

これを機に人生そのものが大きく変わる人もいるでしょうし、またお金も動きます。

とてもおめでたいことではあるのですが、

同時に、「どれくらいお金がかかるかわからなくて不安だ」という人も多いのではないでしょうか。

このページでは、

  • 出産費用が払えない時に利用できる出産育児一時金など各種制度
  • 出産育児一時金など各種制度などを利用してもお金が足りない時の解決策

これらについて詳しくお話をさせていただきます。

お金に悩んで精神的なストレスをため込むとお腹の赤ちゃんにも影響します。このページでお話する事があなたの悩みの解決に繋がればと思います!
【おすすめの対処法】

NO. 対処法 お手軽度
1 今すぐ物を売ってお金をつくる ★★☆☆☆
2 クレジットカードで払う ★★★☆☆
3 カードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめはアコムのカードローンです。
アコムのカードローンは利用者数がトップレベルで大手キャッシング会社のため安心感も抜群です。
また初めての利用なら最大30日間金利0円1万円から利用可能です!
【カードローンにはマイナスイメージがある…?】

  • 借りただけで信用情報に傷がついたりしない
  • 悪質な取り立てをされたりもしない

 

出産費用は大体いくらくらいかかる?【出産費用の相場】

まず、「出産にかかる費用」について見ていきましょう。

病院での出産の場合、通常分娩のケースだと、30万円~40万円程度が目安だと言われています。

ただ、

  • 無痛分娩を希望する
  • 時間外の出産になった(深夜)場合

このような場合は、さらに費用がかさむこともあります。

  • 帝王切開
  • 吸引分娩
  • 鉗子分娩
  • 切迫早産

こういった、通常分娩以外の異常分娩となる出産をおこなう場合も高額な医療費がかかります。

現在は多くの人が病院で出産することになるかと思われますが、自宅で出産をすることもできます。

自宅での出産の場合、それが許可されるためにはさまざまな規制がありますが(胎児が異常を患っていない、感染症に罹患していない、子宮に異常がないなど)、病院とほとんど変わらない金額で出産することができます。

もっとも、これはあくまで、「一般的な」話し。

上でも述べたように、無痛分娩などを希望した場合や深夜の出産となった場合は、金額が加算されます。

そのため、50万円以上のお金を確保しておくことが理想です。

ちなみにここでは、「出産のための費用」のみを問題にしていますが、実際には出産に至るまでには複数回(基本的には14回)の検診、検査代がかかります。

このため、これも含めれば、さらにプラスして10万円程度の出費は覚悟しなければなりません。

20万円程度はこれのためにお金を確保しておきたいものです。

この数字を見た人の多くは、「随分高いんだな」と感じるのではないでしょうか。

現在の日本では、基本的には出産は「病気」ではないという観点から、健康保険外の診療となるのがこの理由です。

基本的には、出産にかかる費用は出産育児一時金で賄える

ただ、このように、50万円近い金額がいきなり出ていくことになるため、お金があまりない家庭にとっては、非常に厳しくなります。

出産費用を確保できないことが理由で子どもを産めない、ということになれば大変です。

そこで出てくるのが、「出産育児一時金」です。

出産育児一時金とは

出産育児一時金とは、その名前の通り、「出産をする際に、お金を支払うよ」という制度です。

上でも挙げたように、出産のときには一時的に非常に大きな金額が出て行ってしまいます。

このため、これを補てんするために考えられた制度であり、健康保険組合もしくは自治体(国民健康保険の場合)から支払われることになります。

直接支払制度と受取代理制度

出産育児一時金には、2つの制度があります。

それが、「直接支払制度」と「受取支払制度」です。

基本的には、受けられる保証は変わりません。

【直接支払制度の場合】

直接支払制度は、医療機関と代理契約合意文章を交わすだけで受けられる簡単なものであり、病院側から健保に連絡、支払いが行われます。(やりとりには、支払期間が間に入ります)

【受取代理制度の場合】

対して、「受取代理制度」の場合は、事前(2か月前以降)に申請をすることが必要になります。

そのあと、病院が出産育児一時金を請求することになります。

受取代理制度はかなり面倒な手続きが必要となるため、ほとんどのところは直接支払制度を利用しています。

この出産育児一時金を利用することにより、出産にかかる費用はほとんど賄うことが可能です。

なぜならこの出産育児一時金は、42万円という、分娩時にかかる費用とほぼ等しい金額が支払われるからです。

ただ、42万円を超えた場合は、当然にして自分たちでその超過分を支払うことになります。

また、出産育児一時金はあくまで「出産のためのお金」ですが、「出産育児一時金があまった」という場合は、その差額を受け取ることができます。

出産費用が高額になるケース

出産が高額になるケースとして、上では「無痛分娩」「深夜の出産」を挙げましたが、帝王切開や切迫流産はどうなのでしょうか。

帝王切開について

これは、「異常分娩」と呼ばれるかたちのうちの1つです。

この処置は、当然に、自然分娩よりもお金がかかります。

切迫早産について

こちらも、通常の分娩とは異なり、帝王切開同様、「治療」とみなされます。

帝王切開や切迫早産など、普通とは異なる出産になった場合、そうではない場合に比べてお金がかかることになります。

こうなると、出産育児一時金では賄いきることができません。

ただ、体も大変なのに、さらにとんでもない高い金額の医療費が請求されるとなると、ショートしてしまうケースもあるでしょう。

切迫早産の場合、入院費用は一日大体1万円程度かかるのが相場です。

当サイトの別ページにて詳しく解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい

出産費用を軽減できる可能性のある公的制度について

前項目では「高額療養費制度」と「出産育児一時金」を取り上げましたが、ほかにもさまざまな公的制度があります。

ここからはそれら公的制度について見ていきましょう。

また、この2つのおさらいもします。

1、出産育児一時金

前項目でも取り上げた、非常に有名な支援です。

42万円まで保証してくれますから、通常分娩の場合はこれでそのほとんどが賄えます。

ぜひ利用してください。

2、出産手当金

出産日42日前から、出産日の翌日56日までの98日間の間を計算対象として支払われる金額です。

これは、過去1年間の月収の平均額を30で割り、そこに3分の2をかけた数字で求められます。

たとえば過去の月収が10万円であった場合は、10万円÷30×2/3で、

1日当たり2200円の支給となります。

3、傷病手当金

病気(ここでは、切迫流産など)が原因で、会社に行けなくなった場合に渡されるものです。

過去1年間の平均額の日給に、3分の2をかけた金額が支給されることになります。

ちなみに、雇用保険に入っていた場合、「妊娠を機に仕事をやめた」というケースの場合、失業手当や所得税の還付が受けられます。

4、高額療養費制度

1か月にかかった医療費が、規定のものよりも大きかった場合に受けられる優遇措置です。

この「規定のもの」は、年収によって異なります。

1160万円以上ならば252600円に、年収が770~1160万円ならば167400円に、370万円~770万円までならば80100円に、「医療費―267000」に1パーセントをかけた金額を足したものが、「限度額」とされます。

5、高額医療費控除

「高額療養費制度」と似ていますが、これは似て非なるものです。

こちらは、1年間の数字で求めるもの。「医療費控除」と呼ばれることもあります。

こちらは、

「1年間に(基本的に)10万円を超える医療費がかかった場合、確定申告でその金額が戻ってくる」

というもの。

  • 傷病手当金
  • 高額療養費制度
  • 高額医療費控除

これらに関しては、当サイトの別ページにて詳しく解説しています。

詳細は以下からご覧ください。

あわせて読みたい

ここで挙げたのは、あくまで「基本」です

ここで挙げたのは、あくまで「基本」です。

子育てを応援する企業の場合は、企業側が自主的にこれらの試みにプラスして金額を上乗せすることもあります。

いずれにせよ、このような「公的な支援」は非常に金額が大きく、出産費用の糧となってくれます。

妊娠~出産は何かとお金がかかるもの。

また、「お金がないこと」がストレスとなり、妊婦さんの健康を害してしまうこともあります。

このため、これらの公的な支援を利用して、ストレスの軽減に努めましょう。

出産育児一時金を利用しても出産費用が足りない場合の対策

では、出産育児一時金などの公的な支援制度を利用してもなお、出産のための費用が足りない場合はどうしたらよいのでしょうか。

その解決策を見ていきましょう。

1、分割払いを利用する

まず、ぱっと思いつくのがこれです。

一般的に、出産費用は一括で支払うのが普通です。

しかし、「思っていたより高額になってしまった」「まだ若いときの妊娠であり、貯蓄が十分にない」という場合は、この手段を利用することを考えてもよいでしょう。

ただし、病院側の方で大っぴらに、「分割払いを受け付けている」と宣伝しているところはそう多くはありません。

このため、妊娠した段階で、「絶対に分割での支払いになりそうだ」というのならば、自分が使いやすい病院を探したり、自分が希望している病院に対して掛け合ったりすることになります。

基本的には、クレジットカードの分割払いを利用することになります。

クレジットカードも持っていない、ということであれば、これも病院に相談するしかありません。

2、カードローンを利用する

フリーローンなどを利用してお金を払っていく方法です。

また、業者によっては、「出産ローン」というプランを用意しているところもあります。

こちらの場合は、基本的には一般的なフリーローンよりも条件がよく、使いやすいように設定されています。

ただカードローンの場合、基本的には契約の時点で安定した収入がある必要があります。

仕事をしていない専業主婦の方は旦那さんに相談して旦那さんに申込みをしてもらう必要があります!!

下記からおすすめの優良カードローンを確認できるのでご覧になってみてください!

3、生活福祉資金貸付制度を利用する

これも国の行っているものであり、出産などに対してお金が足りない人にはお金を貸すよ」という制度です。

年の利率が3パーセントと低く、返していきやすいのがメリットです。

ただし、だれにでも借りられるわけではありません。

条件も決まっているため、「低所得者世相(もしくは障害者世帯)」でない場合は貸し付け対象外となってしまいます。

4、親族に借りる

もっとも一般的な解決策がこれでしょう。

未来の家族のために、ということで、頭を下げてお金を借りるのです。

特に、新しく生まれてくる子どもにとっての祖父母に対しては、比較的頼みやすいと言えるでしょう。

いずれもお金を返済できるプランがなければ危険

ただし、これらはいずれも、「借金」にほかなりません。

借りたお金は絶対に返さなければならないものでもあります。

こういった借入れをおこなう際は、旦那様などに頑張ってもらい、

  • 残業を増やす
  • 副業を始める

などで世帯の収入を上げる必要がありますよ!

この記事のまとめ

出産には、たしかにお金がかかるものです。

しかし実際には、このように、「利用できる公的制度」がたくさんあります。

これらを利用することで、「大きな出費」を「小さな出費」に変えることができます。

まずは自身が利用できる公的制度などを確認してみてください!

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【2位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!


カードレスでセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
【3位】MR.カードローン
Mr.カードローン住信SBIネット銀行は金利が0.99%~14.79%と銀行ならではの金利!毎月の返済は2,000円からでもOK!

最短60分で仮審査完了!ネットで24時間申し込めるから夜中でもOK!

他のカードローンと比べて、持っていてもバレにくいカードのデザインで安心して使える!

MR.カードローンなら必要書類もWEBで提出ができるから誰にもバレない!
金利(実質年率) 0.99%~14.79%
即日融資 ×
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加