家賃が払えない時の任意退去と強制退去について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家賃払えない退去

生活をしていく上で、

「アパートやマンションの家賃が払えなくなってしまう」

という状況に陥ってしまったら否応なく「退去」という選択を迫られるでしょう。

退去には任意退去と強制退去という2つの退去方法があります。

ここでは、その2つの退去方法と、退去を避けるための対処法について詳しく説明していきます。
※退去を避けるための対処法はコチラ

早くなんとかしなきゃ…と考えている方のために、今すぐに現金を用意するおすすめの方法をご紹介します。

NO. 対処法 お手軽度
1 今すぐ物を売ってお金をつくる ★★☆☆☆
2 クレジットカードで払う ★★★☆☆
3 即日融資可能なカードローンを利用して支払い ★★★★★
おすすめは即日融資ができるアコムのカードローンです。

アコムならネットで契約まで完了できるため、バレずにお金を借りることができます。
また、審査回答も最短30分と早くお金を借りたい人におすすめです。

【アコムがおすすめな理由】

  • 最短30分で審査完了
  • 即日の借入も可能!
  • 申込はWEBで完結し、郵送物は一切なし!誰にも知られず借入できる!

家賃滞納時の2つの退去方法

もしも、ご自身が家賃滞納をしてしまう状況に陥ってしまった時、避けて通れないのが「退去」です。

そんな家賃滞納時の退去には2つの方法があります。

ここでは、その2つの退去方法について説明していきます。

1.家賃滞納時の任意退去

家賃滞納時の退去方法の1つで、任意退去というものがあります。

これは、賃貸人と賃借人の双方で合意がなされた上で契約を解除し退去という流れになります。

家賃納入の目途が立たない場合には、家賃の滞納が大きくなる前に退去してしまう方が後々の事も含め負担が軽いので、早めの対処をするのがベストです。

2.家賃滞納時の強制退去

家賃の滞納期間が続く場合などには、裁判を経て強制退去(強制執行)という方法が取られてしまいます。

これは、裁判所が認める法的な強制力をもって滞納者を退去をさせられるという方法になります。

管理者・賃貸人が建物明け渡し請求し、判決で勝訴すると契約解除→強制執行という流れになります。

デメリットの多い退去方法になるため、避けたい退去方法です。

任意・強制問わず退去後は分割で滞納金を支払う必要がある

家賃滞納により退去となった場合、退去したらそれで終わりではありません。

退去すれば残っている滞納金が消えるという訳ではありませんので、滞納分を完済しなければなりません。

家賃滞納に陥っている訳ですから、滞納額も多く一括での支払いは困難であると思われます。

ですので、分割での支払いを約束し、きちんと滞納分の支払いをしていきましょう。

家賃滞納は何ヶ月続けると強制退去対象になるのか?

一般的な賃貸契約書では、2ヶ月以上家賃の滞納をすると契約を解除するという条件を記載しているようですが、借主にとって不利な内容が記載されていることもあり、公平ではないと判断され、2ヶ月程度の滞納では即退去という判断はなされないようです。

では、何ヶ月の滞納で強制退去の対象になるのでしょうか。

一般的な家賃の支払い方法である、翌月分の家賃を前払いしている物件の場合は、

4ヶ月を越えた時が強制退去の対象となる事が多いです。

強制退去のデメリット

もしも、家賃滞納を続け、任意退去にも至らずに強制退去を強いられてしまった場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、借主が負うであろうデメリットについて説明していきます。

①損害賠償請求

家賃を滞納するという事は、法的に言えば借主は賃貸借契約において、賃料支払い義務を違反したという事になります。

この義務違反をした借主は、履行遅滞の債務不履行責任を負います。

つまり、滞納した家賃に加えて遅延損害金(損害賠償)の請求もされてしまうという事になるのです。

②信用情報に事故記録が残る

最近では、保証人の確保が難しい事などから家賃保証会社を利用して契約をするケースが増えているかと思います。

そのように、(特に信販系)保証会社を利用していた場合に家賃の滞納をし、強制退去となると信用情報に事故記録が残ってしまいます。

信販系以外の保証会社であったとしても、滞納などのマイナスの情報は記録されてしまい、次の部屋探しに影響を及ぼす可能性があります。

事故記録は数年間消える事がないので、この問題はその後の生活環境にメチャクチャ影響を及ぼします!!

③住所不定の為に就職活動が困難になる

家賃の滞納に陥った経緯には様々な理由があるとは思います。

そのほとんどが職を失ってしまったなどの理由で収入が得られなくなってしまったからでしょう。

もちろん、そうなってしまったら次の職を探す事になるかと思いますが、強制退去となった場合、住所不定になってしまうので就職活動が困難になってしまいます。

仕事をしなければ住む所の確保も、支払いも出来ないのに住所が無いためにかなり不利な状況になる…という負のループに陥ってしまうのです。

強制退去を求められた!強制退去を避ける為の対策は?

前述したように、強制退去にはデメリットしかありません・・・

もちろん、支払いを滞ってしまった原因は自分にありますが、なんとか強制退去は避けたいと思うのは当たり前です。

そこで、強制退去を避ける為の対策を見ていきましょう。

1.大家(不動産屋)に相談し、分割で支払う意思を示す

強制退去を求められている段階では遅いかもしれませんが、とにかく誠意を見せて支払う意思を示しましょう。

もし、それが通った場合には期日を守ってきちんと支払って行きましょう。

2.カードローンを利用して支払いをおこなう

相談しても無理だった場合、

強制退去のデメリットなどを考えればカードローンを利用して支払ってしまう方が無難です。

この状況でのカードローン利用はベストな方法かもしれません。

この記事のまとめ

以上、家賃が払えない時の任意退去、強制退去についての説明でした。

もしも、ご自身がこのような事態に陥ってしまった際には、

強制退去になってしまう前に、

任意での退去をお勧めいたします。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

ネットで契約まで完了できるため、誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要

【2位】楽天銀行のカードローン
楽天銀行のカードローンを契約するだけで楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる!

楽天銀行の口座をお持ちなら24時間いつでも借りたい金額を"即時"振込してくれます!もちろん夜中でもOK!

楽天銀行に口座がなくても、いつも利用している口座に振り込みも可能!コンビニのATMからも利用可能!

必要書類もスマホで提出可能!誰にもバレずにお金を借りることができます。
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
即日融資 ×
職業 アルバイトもOK!
その他 提携先のコンビニなら利用手数料は「0円」!!
【3位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットや提携ATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!

カードレスでアプリを使ってセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※1
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
※1:平日の14時までの申込と本人確認書類の完了で最短即日融資が可能。審査により希望に沿えない場合があります。
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加