マンションの管理費が払えない!滞納を続ける事のデメリットは多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション管理費払えない

マンションに住んでいると、家賃・住宅ローン以外に毎月管理費という出費がついて回ります。

「家賃・住宅ローンは支払えるけれども、管理費は支払えない」

不景気な現在、こういった人は増えています・・・。

管理費を滞納額が膨らむと、任意売却せざるを得なくなったり、

持ちマンションであれば最終的に競売にかけられてしまう危険もあります・・・。

このページでは、マンションの管理費が支払えないことによるデメリットとその場合の対応策についてお伝えします。
※お急ぎの方はコチラ

マンションの管理費の使い道

まずマンションの管理費がどんなものかを理解しておきましょう。

※ちなみに管理費と修繕積立金は別となっています。

マンションはアパートと比べると建物の規模が大きく、エントランスがあったり、エレベーターがあったりするなど設備や機能が非常に充実をしています。

また外観に関してもアパートは木造ですがマンションは RC造であることが多く、外観も凝ったものになっています。

大規模なマンション、特にファミリー向けの物件などになると、管理人の方が日中は常駐しており、エントランスでの受付や宅配便の受け取りなどの様々なサービスを提供してくれます。

さらにタワーマンションなど高級マンションに至っては、管理人だけではなくコンシェルジュという方がいて、入居者の様々な要望を受け付けてくれるサービスを実施しているマンションもあるのです。

区分所有者が払う管理費はマンションの様々な設備などを常に良い状態にしておくため、通路の照明や備品を交換するために使われたり、管理人、コンシェルジュの人件費などにも使われることが多くなっています。

また管理人の方がいてくれれば、エントランスやマンションの各所を掃除してくれたり、駐輪場駐車場などの見回りもしてくれたりするので、清潔な美観の維持や治安面でも非常に役立ちます。

入居者(区分所有者)が安全かつ安心してマンションを使い続けるために、必要な費用こそが管理費なのです。

管理費が高いマンションは、一見住みづらいデメリットが大きいと感じる人も多いのですが、実際に住んでみると管理費が高額なマンションはどこも非常に綺麗に維持されています。

住みやすさの面で大変快適に感じられるものが多く、それに対して管理費が安いマンションは新築物件は除いたとしても、入居者を集めるために無理やり管理費抑えているだけということもあります。

そういった物件の場合は色々な部分の清掃や手入れが行き届いておらず、不便さを感じることも多いのです。

マンションの管理費の平均金額は?

マンションの管理費はマンションの大きさで違ってきます。

基本的にはそれぞれのマンションで決められており、面積に応じて比例して高くなっていくことになります。

例えばワンルームマンションなど単身者向けのマンションの場合は、マンション自体の大きさもそれほどではなく設備も充実しているとはいえないものが多いので、管理費は比較的安くなっています。

入居者それぞれに割り当てられる管理費としては、

1平方メートルあたり150円程度ということが多いようです。

ファミリー向け物件の場合はマンションの建物の中に部屋以外にも駐車場、駐輪場、キッズルームなどの設備が設けられることが多いので、管理費の相場はやや高くなります。

住んでいる部屋の面積1平方メートルあたり、200円ほどという物件が多いでしょう。

例えば50平方メートルの部屋に家族3人で住んでいたら、そのマンションの管理費は1万円前後ということが多いようです。

さらに充実している高級なタワーマンションになってくれば、管理費はもっと高額になります。

コンシェルジュの方の人件費 に、パーティルームやジム、プールなどがあれば、その運営や維持費は管理費から賄われることになります。

そのために1平方メートルあたり250円から300円と高くなります。

100平方メートルの部屋を借りていれば、毎月3万円程度になるといったマンションも多くなっています。

さらに設備が充実すれば充実するほど管理費は高くなっていき、物件によっては1平方メートルあたり400円500円といった高級マンションもあるでしょう。

管理費滞納はマンションの住人総会でも問題になっている

管理費の必要性は先に説明したとおりです。

もし住人たちが管理費を支払っていなければ、管理人やコンシェルジュを雇うことはできませんし、照明などが切れたとしても、交換する人も交換する照明もありません。

またマンションの周辺やエントランスを掃除する人もいなくなってしまうので、マンションは汚れたまま放置されることになるでしょう。

そうなるとマンションの治安面も悪化しますし、住んでいて気分の良いものではありません。

こういった管理費が滞納されているマンションも、実際にはいくつも発生しています。

住人達で組合を結成することが多いマンションですが、管理費の滞納によってマンションがきちんと運営管理されていない物件が増えているということは、様々なマンションの住人総会で問題になっています。

マンションの管理費が払えないとどうなるの?

ではもし収入が減ってしまったなどの原因で、マンションの管理費が支払えないことが続くとどうなってしまうのか?

そのケースと対応策を考えてみましょう。

マンションの管理費が支払えないと非常に大きな実害が自分に降りかかってきます。

マンションの管理費を滞納していれば、少しの期間であれば組合の人間などに事情を説明して待ってもらうこともできます。

しかし、その期間を過ぎても管理費が一向に支払われないという時には、組合から自分に対して警告が来ることになります。

管理費を支払うのは入居者としての義務であり、マンションを健全に運営していくために絶対必要なことです。

ずっと遅延をして納めないままになると、未納期間分の利息を含めた、支援滞納金を納める義務が発生してきます。

そうなると、普通に納めるよりもさらに管理費が上乗せされてしまうので、より出費としては大きくなっています。

管理費等の支払義務は区分所有法の基に区分所有者に帰属します。

完全にそういった警告を無視した場合には、簡易裁判所などで訴えられる可能性も出てきてしまいます。

マンションの管理費の支払いができない時の対策

もしこれから先、

  • マンションの管理費を支払うことが厳しくなる
  • 少し待って欲しい

と考えた時には、あらかじめそういった事情を説明しておけば管理組合に一定の期間待ってもらうことはできます。

そのために具体的にはどのように対策をしていけば良いのでしょうか?

①まずはマンションの管理者に相談

まずはマンションを管理している管理会社や管理組合に相談をします。

一時的にこういった事情で管理費まで支払うことができない、しかし自分としてはきちんと管理費も支払う意思はある。

そしていつになったら支払えるのかなどの、きちんとした返済に関する内容を含めた返済計画書を作成し、自分の意思を明確に伝えるようにしましょう。

そういった事情があればきちんと期限まで待ってくれる管理会社や組合は多いです。

②分割不可!一括での支払いを求められたらカードローンで対応する

一方で管理費の延滞を待ってくれる期間は、組合、管理会社ともに限界があります。

その期限に到達しても、結局自分の中でお金が用意できなかった時にはどうしたらよいでしょうか。

そういったときには、カードローンやクレジットカードを利用して支払いをしましょう。

カードローンならは即日にまとまったお金の融資を受けることもできますし、初回の利用で30日以内に返済をすれば、利息が発生しないといった会社も多いです。

一時的にお金が必要だったという時にカードローンを利用して、なんとかその場をやり過ごすことで、その後のお金の回りをスムーズにすることもできます。

管理費を支払えないという最悪の事態の場合には、訴訟されるリスクも含んでいます。

そんなことになる前にカードローンなどを利用してお金を用意し、きちんと期限までに管理費を支払うようにしましょう。

③どうしても払えない場合、最後の手段はマンションの売却

ただし人によってはカードローンを利用できない、クレジットカードなどを持っていないという人もいるでしょう。

そういった場合には住み続けることを諦め、自分から引っ越しを検討する方が後々のリスクを考えると良いと言えます。

マンションを購入して住んでいた場合は、マンションの売却を検討し管理費がもっと少ないマンションに住み替えたり、管理費を支払うことのない戸建てを購入するといった選択肢も出てきます。

マンションの売却も、今ならは一括比較サイトなどを利用すれば短いときには3ヶ月で行うことが可能です。

さらに不動産屋による物件買取を依頼すれば、1か月以内に現金を振り込んでもらうことも可能です。

不動産の売却にも色々な方法がありますが、一括比較サイトや買取サイトを見て、素早く売却できる方法を検討していきましょう。

360万人が利用している!!

》Smoola(スモーラ)不動産売却一括査定はこちら!

この記事のまとめ

とにかくマンション管理費の支払いを滞納させて、訴訟を起こされブラックリストに掲載されてしまうと後々の生活に非常に大きな支障が出てきます。

その前の対応策として、まずはカードローンで支払うとことが最もリスク回避の手段として使いやすいです。

それも難しい場合は、マンションの売却をして引っ越し住み替えをするといったことを考えましょう。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加