引っ越し代が払えない|敷金・礼金など賃貸の初期費用解決策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越し代払えない

賃貸アパートやマンションに引っ越しをする時は多額の初期費用がかかります!

一般的には家賃の4ヶ月から6ヶ月ほどのお金がかかることもあり、数十万円が必要な場合が多いでしょう。

しかし引っ越しのためにそんな大金が用意できない、払えないという時にはどうしたらよいのでしょうか。
※お急ぎの方はコチラ

初期費用(敷金・礼金)の基礎知識

引越し代が家賃の何ヶ月分にもなるのは、敷金と礼金が含まれているからです。

礼金は大家に支払うお金ですが、敷金は一時的に預けるお金であり、普通は敷金を使って退去後にクリーニング。

そして余ったお金は返ってくるようになっています。

これらの初期費用を抑えるにはどうしたら良いでしょうか?

敷金・礼金が0円の賃貸物件なんてあるの?

敷金礼金を抑えるには、それらの費用を0ヶ月もしくは1か月として募集している物件を探すことです。

礼金に関しては、最近では0ヶ月として募集する物件も増えてきています。

特に都心からやや離れた郊外の住宅地などは、アパートやマンションも競合物件が多いので、価格競争が激化しており、初期費用抑えて入居者を入れやすくするために礼金を0ヶ月にする物件が増えているのです。

ただし、人気の高い都心の物件などではまだ礼金を1か月もしくは2ヶ月支払わなくてはいけない物件も多くあります。

初期費用を抑えたいのであれば、都心から少し離れ、賃貸用物件が多い場所を引越し先として選ぶようにしましょう。

一方で敷金ですが、敷金が0ヶ月という物件はまだまだ少ないです。

その理由としては敷金はオーナーの収入になるわけではなく、あくまでも退去時の清掃などに費用に充てるためのお金となっているからです。

オーナーにとっては収入ではないので、あくまで保険的な意味で敷金を設定しています。

敷金を入居時に用意できないような住人の場合は、毎月の家賃支払いも滞る可能性が高く、オーナーにとっては確率が収入が得られる可能性が低いリスクだと捉えられてしまうのです。

敷金は清掃費用に充てるために清掃費用がかさみやすい、大きな部屋ほど最初に用意する金額も多くなってきます。

ワンルームや1Kの物件であれば敷金が1か月というところも多いですが、

2 DK、2 LDK など2人以上で住むような物件の場合は、敷金を2ヶ月用意しなければいけないことも多いです。

しかし最近では初期費用を抑えるために、最初に敷金を用意しなくてもいいという物件もあります。

その場合は退去時に部屋の清掃費用として、清掃にかかったお金を実費で支払うことになります。

またアパートやマンションではありませんが、シェアハウスも敷金がほとんどかからない物件として最近人気が高まっています。

もし初期費用抑えたいのであればアパートやマンションではなく、シェアハウスを借りて住むというのも良いでしょう。

敷金・礼金が0円の賃貸物件のデメリット

敷金や礼金がかからない物件に住むことによるデメリットもいくつか存在します。

まず礼金が0円の物件というのは、部屋の設備や綺麗さ、デザイン性などに魅力がないので、価格競争で入居者を呼び込もうとしている物件が多いです。

そのために綺麗な物件に住みたいという時には、礼金0円の物件はなかなか見つかりません。

礼金0円の物件は、基本的に築年数が古いものが多く 新築で綺麗な物件で0円を探したいというのは難しい話です。

ただし、多少古くて汚くても家賃が安ければいい、初期費用を抑えられればいいという人にとっては、そういった物件も十分魅力的に映るでしょう。

敷金に関しては、結局ハウスクリーニング代は借りた人間の負担になるので、最初に支払うか最後に支払うかということになります。

初期費用として敷金が0円になったとしても、退去時には必ずハウスクリーニング代や原状回復に関する費用は支払わなければいけません。

そのため、退去時に思わぬお金がかかることがあり、その際に金策に困ることはあるでしょう。

また敷金を取っていない物件は、前の入居者が退去した後に満足なクリーニングが行われていないこともありえます。

住んでみて何かしらの不具合や、分かりにくい部分での汚れが発覚することもあるので、そういった部分は最初に細かく見ておきましょう。

フリーレントの賃貸物件って何?

また初期費用を抑える手段の一つに、フリーレントを行っている物件を探すという手段もあります。

フリーレントは最初の1か月や2ヶ月の家賃がかからず、初期費用の中の前家賃を節約できるものになっています。

例えば家賃5万円の物件を2年間借りるとしたら、その家賃総額は120万円になります。

しかしフリーレントで2ヶ月分家賃の支払い義務がない物件を借りることができれば、2年間で10万円のお得になるのです。

また初期費用としての前家賃を支払わずに済むことができます。

フリーレントの賃貸物件のデメリット

フリーレント物件のデメリットとしては、まず一定の期間必ず借りなければいけないという条件が設定されていることが多いこというところです。

大家としても2ヶ月だけタダで住んでもらって、その後にすぐに退去されてしまっては収入にならずたまったものではありません。

そのためフリーレントを設定している物件では、必ず半年や一年間住んでもらうことを条件になっています。

またフリーレントが設定されていると一見して家賃が安いように見えますが、実はフリーレントの分を差し引いて、フリーレント期間終了後の家賃に上乗せをしているケースもあります。

実際は家賃5万円程度の部屋なのに、フリーレント2ヶ月を設ける代わりに家賃6万円に設定。

1年間の入居費で見れば、トントンであると言ったこともあります。

フリーレントだからといって無条件に安いと信じ込むのではなく、1年間や2年間住んだ時の総合的なコストで考えるようにしましょう。

前家賃とは?

前家賃とは入居始めた日から、次の家賃支払日までにかかる家賃を日割りで計算したものになります。

例えば家賃が一月で6万円とします。

そしてその前の月の11日から住み始めた時には11日から30日まで20日間分の家賃が発生します。

前家賃の総額としては6万円の3分の2である4万円となり、それを初期費用と一緒に支払います。

翌月からは正規の家賃である、6万円を毎月払っていきます。

前家賃に関しては初期費用と言っても、普通に家賃と変わらないので、発生しても損得はあまり考えなくても良いといえます。

ただし、フリーレント物件の場合ならば前家賃も必要とならないというメリットがあります 。

初期費用を分割で支払うことは出来る?

引っ越しの初期費用としては基本的に敷金礼金で2ヶ月ほど。

不動産屋に支払う仲介手数料で1ヶ月、そして引っ越し代前家賃ということで約4ヶ月分の家賃を総額で用意しなくてはいけません。

家賃6万円ほどの物件に引っ越すとした場合、最低でも20万円、多ければ30万円以上のお金がかかります。

それだけのお金を一気に用意できない時には初期費用を何とか分割して支払うことになるでしょう。

以前は初期費用を分割で支払うということは、ほとんど考えられませんでした。

その理由としては初期費用を用意できないような入居者は、家賃もきちんと支払ってもらえないというリスクがあると思う大家が多かったからです。

しかし、最近では入居者側のニーズに応えてクレジットカード払いで分割支払いをするということに応じる不動産屋が、増えてきています。

敷金・礼金など初期費用が払えない場合の解決策

敷金礼金などの初期費用が用意できない人向けの解決策をご案内します!

クレジットカードを利用する

クレジットカードを利用すれば、2回払い4回払い12回払いなど分割で支払うことも出来ますし、リボ払いにすれば毎月の支払いを一定の金額に抑えることも可能です。

クレジットカード決済をおこなう事のメリット

分割支払いにすることで、例えば5万円ずつ6回に分けて支払うということもできますし、ボーナス時期に支払いを多くするといったこともできます。

自分の収入の都合に合わせて初期費用を分割して支払えば、部屋替えや引っ越しのハードルも下がります。

何らかの都合で自分の手元にお金がないタイミングだけれども、引っ越しをすぐにしたいという時にはクレジットカードを利用すれば自分の好きなタイミングで引っ越しができるのです。

使ったカードのポイントを貯められる

クレジットカードを使って引っ越しの初期費用を用意することのメリットには、クレジットカードのポイントが貯まるという点もあげられます。

特に20万円30万円など大きな出費なので、その費用を全額クレジットカードで払えば、2000円や3000円といったまとまったポイントをもらえます。

クレジットカードを使うことで、何か1回外食をしたり家に必要なものを1品買ったりすることもできるのでこのメリットは見逃せないでしょう。

カードローンを利用する

もう一つの手段としてカードローンの利用が挙げられます。

カードローンを利用すれば即日でお金を借りることができるので、まとまったお金が用意できないそのために引っ越しができないという人でも引越しの初期費用に困りません。

また初回の融資であれば、30日以内に返せば利息が無料という会社も多いです!

融資を受けて30日以内にお金を返せば利息無しで引っ越し可能です。

引っ越し業者の比較情報サイトで初期費用がかからない賃貸物件を探す

もう一つ有効な手段としては、引っ越し業者の比較情報サイトをよく見てみることです。

引越し業者も引っ越しをする人がいなくては、自分たちの仕事がないので初期費用を抑えて引っ越しできる物件の情報を提供しているサイトもあります。

敷金礼金の金額が非常に少なかったり、また家賃自体が安かったりする物件など自分に合った物件情報を探すことができます。

お金がなくて引っ越しできないというときには、こういった引越し業者の比較情報サイトを利用してみましょう 。

【ズバット引越し比較】無料一括見積もり

》【ズバット引越し比較】公式サイトはコチラ

この記事のまとめ

日本では今都心部を中心に賃貸物件が増えてきており、価格競争が激しくなっています。

そのために初期投資を抑えて入居者を空室の内容に入れたいと考えている大家も以前に比べて増えているのです。

ネット上の不動産情報サイトや引越し業者の比較サイトを見て、初期費用を抑えて引っ越しできる手段をどんどん探していきましょう。

The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】プロミス
プロミスは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

上限金利17.8%は大手消費者金融で最も低い金利となっています!
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【2位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【3位】SMBCモビット
300x250 オリコンバナー最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行ATMの利用で24時間借入&返済可能!

SMBCモビットの最大の特徴はWEB完結申込!

WEB完結申込を利用する事によって誰にもバレないでカードローンを利用する事ができます!
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加