車のローンが払えない場合に売却する事は可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「車のローンはまだ終わっていないけれど、車を売却する必要が出てきた」
  • 「車のローンを払いきれない。身分不相応だったようなので手放したい」
このように考えた時は、どんな手順をとればよいのでしょうか?

これについて見ていきます。

所有権解除の手続きとローン完済が売却の必須条件

まだローンが残っているときにその車を売り払うことは、一括で買った車やローンの返済を完了させている車を売り払うときに比べて難易度が高くなります。

手順を間違えないようにしてください。

まずは車の所有者を確認しておきましょう

私たちは、ローンで買った車を乗り回しているとき、その所有者は、当然のように「自分自身だ」と思っています。

しかし、実は、ローンを完済していないときのその車の持ち主というのは、クレジット会社やディーラーなどなのです。

所有者名義を変更しないと車を売却する事が出来ない理由

さて、この、「実は持ち主は自分ではない」という場合、車の売却には慎重さが求められます。

「ローンを組んで払っているけれど、まだ払い終わっていない」ということを考えれば、これはごく当たり前のことです。

まだお金を返していないものを自分勝手に売り払ってしまうのは、人の持ち物を売り払うのと同じです。

そのため、車の売却には、「企業の名義を、自分たちの名義に変えること」が必要です。

所有権留保解除手続きのやり方は?

では、所有権の解除について見ていきましょう。

その中心的な流れは以下の通りです。

  • 1.印鑑証明をとっておきます
  • 2.現在の所有者(保険証などに記載されている)に電話を掛けたり、質問事項を確認したりします
  • 3.所有者(上でも述べた通り、多くは業者です)に指示を受けます。しばらくすると、書類が送られてくる
  • 4.書類に記入し、書類をそろえて解除手続きをする

これが原則ではありますが、ここには問題もあります。

かなり煩雑な手続きではありますし、当然相手の会社がOKを出さなければなりません。

常識的に考えて、「あなたのところにローンが残っているけれど、自分のものとしてそれを売りたい」と提案しても、何のペナルティもなくそれをOKする会社はないでしょう。

このため、実際には、この工程に至るまでの間に、やはり「ローンの残債を払う」という方法が必要になります。

この方法について見ていきましょう。

ローン残債を一括返済する

ローンの残債を一括で自分の貯金などで返済してしまって、それから売却してもらうのがもっともきれいな処理の方法です。

ローンを払い終えると、所有者はあなたに移ります。

「お金に余裕はあるが、一度事故を起こした。縁起が悪いから売却して、新しいものを買いたい。資金には余裕がある」

という場合におすすめです。

※「返すお金がないから売却したいのだ」という場合については後述します。

ローン契約を再度組みなおす

金銭的な事情で、「車を手放したくないのに手放さなければならなくなるかもしれない」という場合、やってほしいのが「ローンの契約の組み直し」です。

たとえば、「毎月3万円は払えないが、5000円は払える」というような場合、ローンのかたちを変えるのです。

今までが、高額で短期間でいくプランだったのを、長くゆったりとした返済計画にする、というものです。

ただし、当然のことながら、支払う期間が長ければ長いほど利息は高くなります。

車買取業者が仲介してもらう

「専門家」である、車の買取業者に間に入ってもらうのも手です。

自分の現在の車の状態を一度見てもらいましょう。それによって出方も異なります。

この、「専門家による仲介」は、車の状態を知ることとあわせて、非常に大きな意味があります。

「事故を起こした。お金はあるけれど、縁起が悪いので売却したい」という場合は、上でも述べたように、ローンの残債を一括で支払ってしまえば済む話です。

ただ、「売却するためにはローンを返せと言われる。

お金がないから車を売却したいのに!」という人もいるでしょう。

この場合に利用したいのが、大手の買取業者が行っている「ローンの返済サービスプラン」です。

これは、「車を買い取るから、その売却額をローンの残債払いにあてるように手続きをします」というものです。

これを使えば、ローンの金額を大きく減らしたり、ローンと売却額がちょうどつりあったり、売却額が大きくなったりします。

買い取り査定額がローン残債を下回る場合はカードローンで払ってしまう

この方法で売却しても、まだ残債が残っていればそれを支払っていく必要もあります。

たとえば、ローンの残債が100万円で買取額が50万円だった場合、

残りの50万円は自力で払わなければなりません。

ちなみに、

「不足分の50万円も、一括で払うのがつらい」という場合は、

この50万円分をさらにローンにすることができる場合もあります。

ただ、この「不足分をカーローンで支払う」ということができない場合は、ほかの方法を考えなければなりません。

「お金がないこと」を理由に車を手放す場合、新たな金策も難しいと思われます。

どうしても期日までにお金を払えない、という場合は、カードローンを使うのも手です。

買い取り査定額がローン残債を上回る場合差額は自分に入ってきます

上では、「売却をしてなお、ローンの残債が残る」というシチュエーションについて見ていきました。

ただ、その逆もあります。

あまりないことではありますが、短いスパンで車を乗り替える人の場合、

「ローンの穴埋めに使っても、まだおつりが出た」という場合は、その差額が返ってきます。

現在残っているローンの残債が100万円で買取額が150万円だった場合、150万円のうちの100万円でローンの残債を整理して、残りの50万円が手元に残るのです。

ローンが残っている車を売却する時は買取専門店に任せるのがベスト

ローンが残っている状態で車を売却するときにしばしば問題になるのが、

「ディーラーに売るか、それとも買い取り専門業者にお任せするか」ということです。

これについて見ていきましょう。

ディーラーよりも買取専門店の方が高額査定してくれる?

「ディーラーに出すよりも、買取専門業者の方が高額査定してくれる」というのは、よく言われることです。

ただ、これに関しては、「買取専門業者の方が高く買ってくれることもあるし、ディーラーの方が高く買ってくれることもある」となるので、実際にはケースバイケースです。

ただ、後述しますが、「利便性」という面で、買取専門業者はかなり評価をあげています。

比較検討することは、物の価値を正しく理解することの手法のうちの1つですから、

この点では買取専門業者はかなり強いでしょう。

買取専門店で面倒なすべての手続きを代行してくれる

車のローンが残っている状況で、車を売却というと所有権留保解除手続きなどが必要です。

うわぁ~~面倒だなぁ・・・。と思うかもしれませんが、

こういった面倒な手続きは全て買取専門店でおこなってもらえます。

買取専門店の比較サイトを利用しよう

買取専門業者は、「比較サイト」というかたちで、同業他社との見積もりの比較ができます。

これがかなり便利です。

家にいながらにしてたくさんの業者の見積もりを比較検討することができますし、そのなかでもっとも高値のところを選ぶことも簡単です。

いつでも、「家で自分の空き時間に気軽に検索できる」というのは大きな強みですよね。

当サイトでは以下の車買取専門店2社をおすすめしています!!

【提携している買取業者数がNo.1「カーセンサー」】

提携している買取業者数が多いから古い車などでも、もしかしたら高く売れるかも?


》カーセンサー公式サイトはこちらから

【申込み直後に愛車の相場がすぐわかる「ユーカーパック」】

簡単な情報を30秒で入力するだけで愛車の相場がわかっちゃうんです


》ユーカーパック公式サイトはこちらから

この記事のまとめ

  • ローンの残っている車は、勝手に売却ができない
  • 売却するためには所定の手続きが必要
  • 売却する際は、各業者を比較して選ぶようにする
  • 買取専門業者の比較サイトなどが便利
  • 買い取り査定額がローン残債を下回る場合はカードローンで払ってしまう
The following two tabs change content below.
払えない嫁
払えない嫁
19歳の時に出産。今まで、美容系通販、携帯代、違約金、家賃など、払えなかった事のオンパレード。まさに払えない女王とも呼ぶべき貴重な体験の持ち主。その貴重な体験が今こうしてサイトの記事となって世の中に役に立つ日が来るなんて・・・。人生って何が起こるかわからないものだ。
払えない.comが選んだ!おすすめカードローンランキング
【1位】アコム
アコムは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから便利!

キャッシング機能に+αクレジットカード機能がついた「ACマスターカード」があります。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【2位】レイクALSA
レイクALSAなら申込みが完了をすると画面ですぐに審査結果を確認できます※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めての借入れなら選べる2つの無利息ローンがある

ネットやATMから24時間借入&返済可能だから家にいても、夜中でもOK!


カードレスでセブン銀行のATMから利用可能!誰にもバレずに借入れできる
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方
【3位】MR.カードローン
Mr.カードローン住信SBIネット銀行は金利が0.99%~14.79%と銀行ならではの金利!毎月の返済は2,000円からでもOK!

最短60分で仮審査完了!ネットで24時間申し込めるから夜中でもOK!

他のカードローンと比べて、持っていてもバレにくいカードのデザインで安心して使える!

MR.カードローンなら必要書類もWEBで提出ができるから誰にもバレない!
金利(実質年率) 0.99%~14.79%
即日融資 ×
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方


【4位】アイフル
アイフルは最短30分で審査完了!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

初めてなら最大30日間金利0円!

1秒診断で「今すぐ融資が可能か?」判断が可能

誰にもバレずにカードを受け取れます!
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
即日融資 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
収入証明書 借入総額により収入証明書が必要
職業 公務員/会社員/自営業/パート/アルバイト※安定した収入がある方

カードローンは、「急な出費がある」など、一時的にお金が必要な時に利用するものです。借りたお金は返済しなくてはなりません。毎月家計をギリギリでやり繰りしている場合、カードローンを利用する事によってその場をしのげても後に返済が苦しくなって、より状況が悪化してしまう可能性があります。カードローンを利用するのに向いている人は、「返済計画がしっかり立てられる人」「安定した収入がある人」です。カードローンをご利用の際はこれらの点に十分に注意してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加